1451名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

メンズスキンケアの必要性と基本的なケアの方法

更新日:2016/12/15 公開日:2014/02/27

男にスキンケアは必要?

一昔前でしたら「必要ないでしょ?」という答えが当然のように返ってきたことでしょう。しかし、今は違います。より個人としての能力と資質が問われる現代社会において、まず大切なのはいかにして自分自身の価値を高められるかという所にあります。

清潔感がある印象を相手に持たせることは、ビジネスの場でもプライベートの場においても、あなたの価値を高める大きな「武器」となることでしょう。

しかし、男性にとってスキンケアが必要な理由はそれだけではありません。実は、男性だからこそ肌をいたわらなければならない理由があります。それは、男性の肌は、女性以上にスキンケアを必要としているからです。

男性がスキンケアを必要とする四つの理由

皮脂量が多い

女性に比べ男性は毛穴が大きく、皮脂の分泌量も多くなります。男性特有の脂ぎった肌は見た目にも気持ちのいいものではありません。さらに、皮脂の分泌が多いと自然に毛穴も大きく開き、いつも清潔にしておかないと汚れがつまりやすくなり、ニキビや吹き出物の原因の一つにもなります。

水分量が少ない

男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いため、皮脂によって肌の乾燥が守られている面もあり、乾燥を自覚しにくくなります。そのため、肌荒れの原因でもある乾燥肌になりやすく、シワなどの肌の老化を早めることにもなるのです。

シェービングによる負担

日々のヒゲそりは知らず知らずのうちに肌を傷つけています。ヒゲと一緒に肌表面を覆っている角質・皮脂膜まで落としてしまうので荒れやすく、乾燥しやすい肌にしているのです。

紫外線による負担

紫外線は肌にとって大敵なのは知っていましたか?

紫外線を浴びることにより、過剰な活性酸素が生み出され、それが肌のシミ・ソバカス、シワなどの老化の原因になるのです。

このようにスキンケアを怠ると、肌はどんどん弱まり、老化も進んでいきます。肌のお手入れでまず大切なのは「保湿」と「紫外線対策」です。どのような男性でもこの二つのケアは必要と言えるでしょう。

メンズスキンケアの基本プロセス

メンズスキンケアの基本プロセスは、洗顔・化粧水・乳液の3つがあります。項目別に目的と方法を解説していきます。

肌の汚れを落とす「洗顔」

私たちの顔の肌は、衣類などで覆われた部分とは違って常に外気にさらされているので、タバコの煙や排気ガス、空気中のほこりなどが知らず知らずのうちに付着してしまいます。

こういったものに顔から分泌される皮脂や汗、古い角質などが混ざり合って肌の汚れとなるのです。

 

そのまま放置していると、雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化してニキビや肌荒れなどが起こりやすくなってしまうため、洗顔をすることで汚れをしっかりと落とし、肌を清潔に保つ必要があります。

洗顔料を使う時の一番のポイントは、「しっかりと泡を立てること」です。

  1. 洗顔前に手をきれいに洗う。
  2. 手の平をくの字に曲げて洗顔料を取り、もう一方の指先で泡だて器のように泡立てる。
  3. 適宜、水を加えながら泡立てる。

この3つのことに注意して、十分に泡立ててから洗顔しましょう。

肌に水分を補給し整える「化粧水」

洗顔後は、なるべく早く化粧水をつけることで、素早く肌がうるおうだけでなく、その後に使う美容液や乳液などが、浸透しやすくなるという効果があります。

化粧水の正しいつけかたは

  1. 500円玉くらいを手に取り、軽く手を合わせて広げたら、まずは、手のひらを使って、顔全体を覆うように、さっとなじませます。そして、そのまま手の平全部で顔を包み込むようにしながら、ほほ、額、あご、鼻や目の周りも、やさしく押さえてなじませましょう。
  2. 目もとや小鼻、眉の間、鼻の下など、塗り忘れてしまいがちな細かい部分を重点的に、指の腹なども使って、やさしく押さえましょう。

ポイントは、やさしく押さえるようにして、なじませることです。パンパン叩いたり、ゴシゴシこすったりすると、余計な刺激を与えてしまい、赤ら顔やシミの原因になるので注意しましょう。

肌の水分・油分を適度に保つ「乳液」

男性は女性よりも皮脂分泌が過剰です。加えて女性の肌よりも水分量が少ないことから乾燥肌になりやすく、乾燥肌が進むと皮脂の分泌はさらに進み、ニキビや吹き出物の原因にもなります。

肌にうるおいを与えるためには、はじめに化粧水で肌に水分を補給してあげ、その後は水分を蒸発させてしまわないよう、乳液で保護する必要があるのです。

乳液は、適量を手にとって肌にまんべんなくなじませ、最後に押し込むように手のひら全体で顔を包みこみます。

乳液をなじませたあと、ベタつきが気になるようであれば、ティッシュをそっと顔に乗せ、手のひらで押さえていきます。目の周りや口の周りなどの細かいところは指を使ってもかまいません。あまり取りすぎると乳液を塗った意味がなくなりますのでほどほどにしておきましょう。

まとめ

メンズスキンケアの必要性と、基本的なケアの方法がわかったでしょうか。前述したように、皮脂量が多く、肌への負担が多い男性こそ、実はスキンケアが必要なのです。この機会に、自分のスキンケアを見直してみてください。

今すぐ読みたい

注目情報

参画医師1451名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 吉見公一
  • 高橋徹
  • 玉城有紀
  • 伊東秀記
  • 荻野和仁
  • 井村龍麿
  • 濱田英之輔
  • 野田武志

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.