5232名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

敏感肌の改善方法

更新日:2016/12/09

敏感肌の改善方法

敏感肌の洗顔

敏感肌になる原因は、肌の表面にある角質層の水分が不足して、バリア機能が低下すること。肌を守る力が弱まっているので、少しの刺激にも肌が反応してしまうのです。

ですから、敏感肌の改善には、角質層のバリア機能を回復することが不可欠になります。それではここで、その改善方法を見て行きましょう。

敏感肌の人の洗顔は、肌に刺激を与えないことと、皮脂を落とし過ぎないことが大切です。シンプルな固形石けんなら、余計な成分が入ってない低刺激で肌にやさしいものが多いのでオススメです。

また、肌の汚れは手でこすって落とすのではなく、泡で浮かせて落とすことがポイントです。必ずしっかりと泡立ててから、やさしくなでるように洗いましょう。

洗い流すときは、皮膚の温度よりも少しぬるいと感じるくらいのぬるま湯で、ていねいに洗い流します。このときも決してゴシゴシこすらないように。

ただし、洗顔料のすすぎ残しは、肌に刺激を与える原因になりますので、すすぎ残しがないように心がけてください。

敏感肌の髭剃り

カミソリを使ったひげ剃りは、刃を肌に直接当てて剃るので、肌の表面まで削り取ってしまいます。なるべく肌に負担がかからないように、ていねいに行いましょう。

まず、ひげを剃る前に、お湯や蒸しタオルを使って温め、ひげを柔らかくします。そしてカミソリを滑らかに動かせるように、シェービングクリームやローションなどを必ず使ってください。

メンソール入りなどの刺激が強いものは避け、低刺激のものを使います。剃り終わった後は、そのまま放置せず、必ず化粧水やクリームを使って保湿をしっかり行いましょう。

肌がかなり敏感になっているときは、T字カミソリではなく、電気カミソリの方が、肌に直接刃が当たりにくいのでオススメです。

睡眠も大事

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌の修復に大きく影響します。バリア機能が回復するように、質の良い睡眠を取るように心がけましょう。

ピックアップ特集

参画医師5232名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 三苫葉子
  • 高橋徹
  • 宮地百子
  • 梶原朋恵
  • 半田俊哉
  • 澤井循暉
  • 角田美英
  • 行徳博英

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.