5232名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

敏感肌のためのセラミド化粧水

更新日:2016/12/09

保湿

敏感肌は角質層の水分が不足している

「敏感肌」とは、肌の表面を覆う角質層が果たしているバリア機能が弱まっていることを意味します。本来、角質層は、「皮脂」「天然保湿因子」「セラミドなどの角質細胞間脂質」という3つの保湿物質によって水分がキープされています。

しかし敏感肌の人の角質層は、何らかの理由でこれらの保湿物質が少なくなり、スカスカの状態になっているので、外からの刺激の侵入を許してしまい、肌がトラブルを起こしやすくなっているのです。

セラミド配合の化粧水でしっかりうるおす

ですから、敏感肌の改善には、角質層にうるおいを取り戻すことが不可欠です。そこでオススメしたいのが、セラミド配合の化粧水を使ったスキンケア。

セラミドは角質層の保湿物質である角質細胞間脂質の1つで、水分をしっかりしっかり挟み込んで逃さないため、パワフルな保水力とバリア機能を持っています。

また、もともと人の体内に存在する成分なので、敏感肌の人にも安心して使える成分と言えるでしょう。

本格的に使いはじめる前に

ただし、いくら安心な成分と言っても、肌質は人によって違うものです。ましてや敏感肌の人は、肌に本当に合った化粧水を選ぶのがなかなか難しいと思います。

ですから、本格的に使い始める前に、サンプルやトライアルキットなどをもらって、肌に合うかどうかを試してみましょう。

一番はじめにつけるときは、あごの下など、目立たないところにつけて、赤くなったり、かぶれたりしないかパッチテストをするのもオススメです。

また、アレルギー体質やアトピー性皮膚炎の方は、かかりつけの医師にも相談してみましょう。

ピックアップ特集

参画医師5232名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 三苫葉子
  • 高橋徹
  • 宮地百子
  • 梶原朋恵
  • 半田俊哉
  • 澤井循暉
  • 角田美英
  • 行徳博英

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.