1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

自分の頭皮に合ったシャンプーの選び方

更新日:2017/05/31 公開日:2014/02/27

自分に合ったシャンプーを選ぶ

シャンプー

頭皮の悩みは人それぞれ。頭皮が乾燥しがちな方もいれば、比較的ベトつく脂性の頭皮の方もいらっしゃいます。
乾燥しがちな方が洗浄力の強いシャンプーを使ってしまえば最低限必要な皮脂も落としてしまいますし、脂性の頭皮の方が洗浄力の弱いシャンプーを使えば皮脂があまり落ちず、それもまた問題です。

シャンプーは毎日使うものですので、頭皮への影響はとても大きなものになります。自分に合ったシャンプー選びの方法を紹介していきましょう。

シャンプーの主成分は洗浄剤

シャンプーの成分表を見てみると、ほとんどのシャンプーで最初に表記されているのは水で、その次に洗浄成分が載っています。洗浄成分によって、シャンプーは大まかに以下の3つに分けることができます。

・高級アルコール系
・石鹸系
・アミノ酸系

■高級アルコール系
高級アルコール系は、ラウリル硫酸Naやスルホン酸Naといった合成界面活性剤を使用したシャンプーです。高級と言うのは値段が高い、高価という意味ではなく、炭素数が大きい、という意味です。

泡立ちや香りがよく比較的値段も安いため、現在最も流通しているシャンプーです。洗浄力も強いのですが頭皮への刺激も強く、頭皮や肌の弱い方にはオススメできません。このような悩みがない方が使う分には問題ないと言えます。

■石鹸系
昔から使われており、天然成分である石鹸を洗浄成分に使っているのが石鹸系のシャンプーです。低刺激で洗浄力も強いのですが、石鹸はアルカリ性であるため、慣れないうちはキューティクルが開き髪の毛がごわついたりきしんだりする感覚があります。

洗浄力が強いため、皮脂の分泌があまりない方は必要な皮脂まで落としてしまう恐れがあります。

■アミノ酸系
洗浄成分にアミノ酸由来のものを使っているアミノ酸系のシャンプーは、近年、低刺激で頭皮に最も優しいシャンプーとして話題になっています。
ただし洗浄成分も穏やかなため、皮脂の分泌の多い方は時間を掛けたり2度洗いが必要だったり、少々使い方にコツがいるシャンプーです。

他の効能をプラスしたシャンプーも

上記のような洗浄成分のシャンプーに、さらにノンシリコンや育毛効果、炭酸といった付加価値を付けているシャンプーもあります。こちらも人によって合う合わないがありますので、ご自分の頭皮の状態によって適切なシャンプー選びをするようにしてください。

シャンプーの上手な選び方の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 吉木伸子
  • 瀬川春奈
  • 蘇原しのぶ
  • 藤本篤嗣
  • 末武信宏
  • 相澤宏光
  • 正木健太郎
  • 前田進太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.