1472名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

メンズコスメの選び方 ~化粧水~

更新日:2016/12/09 公開日:2014/02/27

男性にも化粧水は必要?

ベタつき肌にも化粧水を

「自分は肌がベタつきやすいから、化粧水はつけなくても大丈夫。」そんな風に考えているあなたは要注意です。なぜならば洗顔後の肌は、汚れと一緒に皮脂膜や角質内の保湿因子まで流れて出てしまっているため、無防備で乾燥しやすい状態になっているからです。

乾燥が進むと、肌はそれを改善するために皮脂を分泌して補おうとします。つまり、乾燥すればするほど皮脂分泌が多くなり、肌がベタつきやすくなるのです。過剰な皮脂分泌を防ぐためにも、洗顔後は必ず化粧水を使うようにしましょう。

化粧水を使う意味とは

洗顔によって、汚れとともに失われた肌の保湿成分を補うのが化粧水の主な役割です。化粧水がしっかりと角質層まで浸透することで、後に続く基礎化粧品が効率よく浸透しやすくなります。他のステップは場合によっては省略してもいいですが、化粧水だけは、洗顔後、ただちに、必ず使用することをおすすめします。洗顔と化粧水は、セットと考えてよいでしょう。

化粧水選びは、自分の肌質や用途に合ったものを選ぶことが大切です。しかし、使い慣れていない方は、どのように選べばいいのか迷ってしまうことも多いことでしょう。そこで今回は、化粧水選びのポイントをご紹介していきます。

化粧水の種類と特徴

化粧水にはいくつかの種類があります。肌質や用途に合わせて選ぶのがポイントです。

・一般化粧水(柔軟化粧水)…肌をやわらかく、しっとりと潤わせます。

・収れん化粧水…余分な皮脂の分泌を抑えるとともに、毛穴を引き締めて肌にハリを与えます。

・拭き取り化粧水…肌に残った古い角質や汚れを取り除きます。

このように化粧水にはさまざまな種類のものがありますが、毎日のスキンケアで使うものとしては一般化粧水(柔軟化粧水)がおすすめです。○○化粧水と特に表示されていないものがこれに該当します。その他の化粧水は、特別なケアのために補足的に使うといいでしょう。

一般化粧水には、さっぱりタイプやしっとりタイプなどというようにつけ心地によってさまざまなタイプがあります。ベタつきが気になる人はさっぱりタイプ、乾燥が気になる方はしっとりタイプというように肌質に合わせて選びましょう。

また、敏感肌でカミソリ負けをしやすい人は、さらに保湿性に優れたデリケートな肌専用の化粧水を使うのがおすすめです。

化粧水の正しい使い方

せっかく自分の肌に合った化粧水を選んでも、正しい使い方をしていなければ効果をしっかりと感じられません。ここからは、化粧水の正しい使い方をご紹介していきます。

(1)500円玉程度の量の化粧水を手に取り、軽く手のひらに広げたら、顔全体にさっとなじませる。

(2)そのまま手のひら全体で顔を包み込むように、ほほ、額、あご、鼻や目の周りをやさしく押さえてなじませていく。

(3)目もとや小鼻、眉の間、鼻の下など、塗り忘れてしまいがちな細かい部分を重点的に、指の腹なども使ってやさしくなじませる

ポイントは、やさしく押さえるように顔全体になじませることです。パンパン叩いたり、ゴシゴシこすったりすると、肌に余計な刺激を与えてしまい、赤ら顔やシミの原因になるので注意しましょう。

また、化粧水は、時間が経てば蒸発してしまうので、それだけでは、十分な保湿ケアとは言えません。美容液や乳液なども合わせて使い、肌に保湿成分をしっかりと閉じ込めるようにしてください。

男性の肌に合う成分としてはレチノール入りのクリームなどがあげられます。脂っぽいギトギト感を防ぎ、程よくツヤのある肌へと導いてくれます。また、セラミド入りのクリームを使えば、バリア機能の整った肌になります。

化粧水をつけるときの注意点

男性の中には化粧水をつけるのが苦手という人も多いかと思います。そんな初心者の男性には、細かい霧を直接、肌に塗布できるスプレータイプが便利です。朝、時間のないときなどはシュッとスプレーするだけなので手軽に使うことができます。

もちろん、普通に手にとってなじませるのもOKです。洗顔後は、乾燥しやすい頬やアゴなどのUゾーンから先に塗布して、次にTゾーンへと移るのが理想です。

また、スタンダードな化粧水のつけ方にコットンを使う方法があります。顔は凹凸が多いので、コットンに化粧水を染み込ませて使えば凹んだところにもまんべんなくつけやすくなります。

ただし、ローションをコットンに染みこませたり、パッティングしたりと時間がかかるので、これらの方法は時間に余裕のある人向きと言えるでしょう。

さらに時間のあるときには、化粧水を染み込ませたコットンを顔に乗せてコットンパックをするのもおすすめです。

男性は夏の紫外線や冬の気温の低下などで、新陳代謝が滞りがちになります。さらに、秋~冬にかけては、空気が乾燥して肌がカサカサに乾いてしまいます。深刻な乾燥はシワやくすみ、たるみなどの原因にもなるので、乾燥対策は念入りに行うようにしましょう。

化粧水の保存方法

化粧品にも使用期限があります。メーカーや種類にもよりますが、基礎化粧品なら未開封(空気に触れていない状態)で約3年、開封後は半年を目安に使い切るのが理想です。

製造日表記のある化粧品はまだ少ないですから、いつ買ったのか忘れて放置してしまいがちですが、使用期限を過ぎたものを使うと肌トラブルになってしまう可能性があるので注意が必要です。

たとえ未使用で保管してしっかりフタをしていても、一度開封すると空気が入り込み、酸化が進みます。未使用で製造から3年未満の化粧品であっても、温度の高い場所や直射日光の当たりやすい場所に放置されているものは、やはり劣化している可能性があります。

また、手で触れた部分から雑菌が付着し、それが化粧品の中で繁殖している場合もあります。このような状態の化粧品で肌のお手入れをすると、肌荒れの原因になる可能性があります。

お家で使うボトルの化粧品は、開封したその日にマジックで日付を書いておきましょう。また、直射日光の当たりにくい、涼しい場所に保管することも大切です。手作りの化粧品や完全無添加の化粧品などは、冷蔵庫での保管を推奨されているものもあります。注意書きをしっかりと読んで、製品に合わせた保管方法を選びましょう。

肌の健康のためには、食品の賞味期限と同様使用期限を守って使い切ることが大切です。

ニキビ対策の化粧水

近年、ニキビ用の化粧水がとても増えてきました。ハーブや漢方などニキビに効く成分が含まれているため、それぞれの肌の状態に合わせて選ぶことができます。

しかし、自分に合った化粧水を選んでも、使い方を間違ってしまうと効果は薄れてしまいます。

まず大切なのは、必ず洗顔をしてから使うようにすることです。せっかくニキビに効く成分の含まれた化粧水も、皮脂などの汚れがついたままの肌に使用してしまうと効果が半減してしまいます。しっかりと泡立てた洗顔料で肌を摩擦しないようにやさしく洗ったら、清潔なタオルで肌をそっと押さえるように水分を拭き取りましょう。肌が清潔になったら、化粧水を使います。ニキビ対策で化粧水を使う場合は少量を5、6回に分けて使うのが効果的。100円玉程度の量を手の平で広げて顔に塗っていきましょう。乾燥肌の方は、少し多めに使うといいでしょう。

また、お風呂上がりの後すぐに化粧水を使うのも重要。お風呂上がりの後、時間が経ってしまうとせっかく潤った肌の水分が蒸発してしまいます。肌に乾燥を感じさせないよう、化粧水はお風呂上がりの5分以内に使うのがもっとも効果的です。

化粧水を塗ったら乳液やクリームなどを重ねていきますが、ニキビ肌の方は塗りすぎに注意してください。乳液を塗りすぎると余分な乳液が毛穴を詰まらせてしまい、逆にニキビの原因となってしまいます。使う量は10円玉くらいにとどめ、乾燥が気になる部分には少し多めに塗るようにすると効果的です。

今すぐ読みたい

メンズコスメの選び方の記事一覧

全ての記事一覧へ>

注目情報

参画医師1472名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 丸茂恒二
  • 曽山聖子
  • 下田有華
  • 金児美
  • 伊東祥雄
  • 筒井裕介
  • 田中宝
  • 真崎信行

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.