1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

メンズコスメの選び方~美容液~

更新日:2016/12/09 公開日:2014/02/27

美容液ってどんなもの?

「化粧水や乳液は使っているけど美容液にはなじみがない」という男性も少なくはないかもしれません。

美容液の特徴は、肌トラブルに合わせた有効成分を高濃度で配合しており成分が凝縮されているため、パワフルな効果が期待できます。シミやシワ、乾燥、たるみ、毛穴など、肌の悩みがある人には積極的に使っていただきたいコスメアイテムです。

基礎化粧品の役割について

物事に順序があるように、スキンケアにも順序があります。それでは順番に使う基礎化粧品と役割を解説していきましょう。

(1)化粧水

最初は化粧水。洗顔によって、汚れとともに失われた肌の保湿成分を補うのが主な役割です。化粧水がしっかりと角質層まで浸透することで、後に続く基礎化粧品が効率よく浸透しやすくもなります。他のステップは場合によっては省略してもいいですが、化粧水だけは、洗顔後、ただちに、必ず使用することをおすすめします。洗顔と化粧水は、セットと考えてよいでしょう。

(2)美容液

シワやたるみなど肌トラブルの気になる箇所に、有効成分を補います。「保湿」や「美白」など目的別に特化していて、足りない部分に集中的なケアができます。「スキンケアは必要最小限で済ませたい」という方は省略してしまってもいいと思います。

(3)乳液

油分と水分をバランスよく配合していて、保湿もしつつ、必要な油分も補う役割を果たします。

(4)クリーム

乳液よりも油分を多く配合されていて、これまでの手順で与えてきた有効成分を肌に閉じ込めるフタの役割をします。

話題のオールインワン化粧水とは?

化粧水、美容液、乳液などの複数のアイテムの役割を果たしてくれるオールインワン化粧品。ご存じの方も多いことかと思いますが、その中には「オールインワン化粧水」というものもあるのです。

・オールインワン化粧水とオールインワン化粧品の違い

オールインワン化粧品は前述したとおり、ひとつのアイテムで化粧水、美容液、乳液などスキンケアのさまざまなステップの役割を果たしてくれるもの。時短コスメの代名詞といえる存在です。ただし実は、「オールインワン化粧水」は「オールインワン」と名がつくものの、オールインワン化粧品とはまったく別物。オールインワン化粧水は時短コスメではなく、「さまざまな悩みに対応する成分が豊富に含まれた化粧水」のこと。肌によいたくさんの成分がひとつの化粧品に配合されており、「オールインワン」と呼ばれ、1つのアイテムでさまざまな効果が期待できます。

・化粧水の水分は肌に留まれない

化粧水の大きな役目は、洗顔後の肌に最初につけ、肌を保湿すること。水分と保湿成分を補い、その後に続く美容液、乳液などが浸透しやすい状態に整えるのが化粧水の役割です。

しかし、化粧水だけでは肌に必要な水分をキープすることができないことも多いのです。化粧水など含まれる水分は肌のバリア機能に阻まれて肌の奥までは浸透・保持しにくく、それだけではほとんどが蒸散してしまうのです。化粧水の水分を肌に留めるためには化粧水の後に乳液やクリームなどの油分でフタをして蒸散を抑えることが重要となります。

美容液の役割

美容液は、有効成分が濃縮されているので、パワフルな効果が期待できます。特に、バリア機能を補強するためには、「セラミド」配合の保湿美容を使うとよいでしょう。

セラミドとは、角質層の中で、細胞と細胞をつなぎとめている「細胞間脂質」に含まれている保湿成分のこと。角質層内の水分の80%以上は、セラミドによって守られているといわれており、セラミドがたっぷり含まれているかどうかが、バリア機能の強度を決める決め手になります。

しかし、一旦減ってしまったセラミドを体の中でつくり出すのは簡単ではありません。そこで、確実にセラミドを増やすためには、美容液などで補ってあげる必要があるのです。

美容液は目的別にさまざまな種類のものがある

美容液の効果はさまざまなものがありますが、大きくは保湿用・美白用・アンチエイジング用に分かれ、それぞれの効果や有効成分も違ってきます。

保湿用…乾燥やシワ対策に効果的。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたものがおすすめです。

美白用…シミやくすみ対策、ニキビ跡をキレイにするのに効果的です。ビタミンC誘導体やアルブチンが主な有効成分です。

アンチエイジング用…肌のハリや弾力を改善してくれます。レチノールやナイアシン、ポリフェノールなどが有効成分です。

美容液の選び方

その他にも毛穴を目立ちにくくするものや肌のキメを整えるものなど、目的に応じてさまざまな美容液があるため、まずは自分が肌にどんな悩みを持っているかを知り目的に合った商品を選ぶことが大切です。

次に、配合されている成分をきちんと確認しましょう。商品名やパッケージ、周辺広告のうたい文句だけで判断せずに、箱の裏を見て自分の目で成分を確認してください。

美容液にはジェル状のものや化粧水のような液体状のもの、乳液タイプ、クリームタイプなどテクスチャーもさまざまなものがあります。ベタつきやすい人はサラッとしたジェルタイプや液体状を選ぶなど、使用感から美容液を選ぶのもポイントの1つです。

メンズコスメの選び方の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 大原奈津恵
  • 吉種克之
  • 大津千知
  • 古山登隆
  • 川端愛子
  • 長谷川裕之
  • 山本雅之
  • 正木健太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.