1419名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

AGA(男性型脱毛症)に有効なプロペシアのデメリットは?副作用や値段、教えます

更新日:2016/12/09 公開日:2014/03/28

プロペシアの副作用

プロペシアのデメリットとは?

2005年に販売が開始されて以来、AGA(男性型脱毛症)の救世主として日本国内でも注目されている「プロペシア」。厚生労働省の認可が下りた国内初の「飲むAGA治療薬」と聞けば、男性の皆さんの期待が高まるのも無理は無いでしょう。

ただし、プロペシアにはメリットだけでなく、デメリットもあるので、それらを考慮する必要があります。

デメリットの1つは、継続して飲まなければならないということ。プロペシアの効果が出る人は、飲み始めてから3ヶ月くらいで、AGAの症状が改善し始めると言われています。

しかし、1日1粒の服用を継続しなくてはならず、飲むのを止めると、またAGAが進行してしまいます。つまり、プロペシアの効果を持続させるためには、一度飲み始めたら、ずっと飲み続けなければならないということです。

プロペシアの値段

2つ目のデメリットは、保険が適用されないので値段が高いということ。日本では1粒250円くらいが相場なので、1ヶ月だと250円×30日=7500円。それに病院の診察料を含めると、だいたい毎月10000円前後かかると考えられます。

プロペシアの副作用

プロペシアには、全体の1%未満とごく稀にですが、勃起付機能不全や精液量減少などの副作用の報告があります。このような症状に気づいたら、担当の医師や薬剤師に相談しましょう。

また肝臓で代謝される薬のため、服用中に肝機能障害があらわれたという報告もあります。肝機能障害をお持ちの方は、使用する前に医師に相談してください。

プロペシアを飲んでいると、前立腺がんの腫瘍マーカー(PSA)の値が低くなることもあるようです。前立腺の検査を受ける場合は、事前にプロペシアの服用を検査医に申告するようにしましょう。

AGAの治療方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師1419名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 大利昌久
  • 遠藤剛史
  • 加藤浩司
  • 中島義明
  • 竹内 孝基
  • 福田知佐子
  • 曽山聖子
  • 樋口隆男

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.