1419名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

AGA(男性型脱毛症)治療に有効とされる、ミノキシジルの副作用とは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/03/31

ミノキシジルの副作用

肌のかゆみやほてり

AGAの改善に高い効果を発揮することが正式に認められている「ミノキシジル」ですが、医薬品なので、まれに副作用を起こす人もいます。

もっとも報告が多いのが「頭皮のかゆみ」です。これは、ミノキシジルに含まれるアルコール溶剤の「プロピレングリコール」が、肌に合わない場合に起こると考えられます。かゆみが続いているのに無理に使い続けると、かぶれや炎症などに発展する場合もあります。症状がひどい場合は、一旦使用するのを止め、医師に相談してみましょう。

また、ミノキシジルには血管拡張作用があるので、顔や全身のほてり、発汗、めまいなどを感じる人も、たまにいるようです。こういった症状は軽症なので、時間の経過と共に治まるようですが、何度も副作用を繰り返すようなら注意が必要です。その場合も、やはり病院を受診することをオススメします。

循環器系疾患の人は要注意

ミノキシジルは、もともと血管を拡張し、血圧を下げる降圧剤として利用されていた薬剤です。このため低血圧など、血管の血流に関する副作用が出る場合もあります。狭心症や心臓病など、循環器系の病気をお持ちの方は、使用する前に医師に相談し、アドバイスをもらいましょう。

タブレットタイプは副作用も強い

数年前までミノキシジルは、「リアップ」や「ロゲイン」など、頭皮に直接塗る外用薬の主成分として利用されてきました。しかし最近は、タブレットタイプの飲み薬もあり、こちらのほうが効果も高いと言われています。

しかし、ミノキシジルタブレットは、副作用も外用薬より強くなるので、服用には十分な注意が必要です。特に個人輸入などで独自に入手するのは、大変危険ですのでオススメできません。AGA治療の専門クリニックなどで、きちんと医師に処方してもらってください。

AGAの治療方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師1419名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 大利昌久
  • 遠藤剛史
  • 加藤浩司
  • 中島義明
  • 竹内 孝基
  • 福田知佐子
  • 曽山聖子
  • 樋口隆男

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.