5182名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

カミソリ負けの原因

更新日:2016/12/09 公開日:2014/03/31

カミソリ負けの原因

カミソリ負けの原因を知ろう

カミソリ負けの予防・対策を図るためには、まず原因を知る必要があります。ここでは、カミソリ負けの様々な要因について解説していきます。

カミソリ・電気カミソリの問題

カミソリや電気カミソリそのものは、カミソリ負けの直接的な原因となります。カミソリが錆びていたり欠けていたりすると肌を傷つけやすくなり、カミソリ負けが起こりやすくなってしまいます。

また、カミソリが不衛生だと、カミソリに細菌が繁殖してしまい、カミソリ時についた傷からその細菌が入り込んでカミソリ負けを引き起こす原因になります。

髭剃り・ムダ毛処理の間違ったやり方

こちらもカミソリ負けの大きな要因です。

まず、剃る前にしっかりプレシェーブをしていない場合。髭などを剃る前にはしっかりと水分を含ませ、毛自体をやわらかくしてから剃る必要があります。これを怠るとカミソリへの抵抗が大きくなり、肌を傷つけやすくなってしまいます。

シェービングフォームやローションも必ず使用しましょう。これらを使用しないと髭などを剃る際のカミソリへの抵抗が大きくなり、カミソリ負けの原因になります。

剃る手順も重要。いきなり髭などが生えている方向と逆方向に剃る「逆剃り」をしてしまうと、こちらもカミソリへの抵抗が大きくなってしまいます。

カミソリを使う時、まずは髭などが生えている方向と同じ方向へ剃ること。その後に剃り残しのみ逆剃りできれいに剃るようにしましょう。詳しくは「正しい髭の剃り方」をご覧ください。

元々の肌質

肌が弱い方は、そうでない人に比べて剃る際に肌が傷つきやすく、どうしてもカミソリ負けを起こしやすくなってしまいます。

肌が弱い方はカミソリ負けを防ぐためにカミソリ前やカミソリ後のケアを入念に行うことが重要です。

もし可能であればですが、「髭を剃らない」というのがカミソリ負けの一番の対処法です。カミソリ負けは毎日カミソリを使うことで細かな傷が重なり悪化します。

毎日は無理かもしれませんが、休日だけでも髭を剃らないようにするとカミソリ負けはかなり軽減されます。

ピックアップ特集

参画医師5182名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • スキンケア大学参画ドクター
  • 中村仁美
  • 加藤周 
  • 長瀬大蔵
  • 池田優子
  • 比嘉悠子
  • 中島義明
  • 吉原伯 

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.