1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

男性用パックの使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/04/18

パック

正しく使わないとパックは逆効果になる

洗顔や保湿など、毎日スキンケアをしているのに何だか肌の調子が悪い。そんな時に取り入れたいのが、パックを使ったスペシャルケアです。

でもせっかくパックを使っても、間違った使い方をすると、かえって逆効果になることもあります。そこで今回は、パックの正しい使い方をご紹介していきましょう。

毛穴パックの正しい使い方

パックには様々な種類のものがありますが、男性にも馴染みのあるパックと言えば鼻専用の「毛穴パック」ではないでしょうか。貼ってはがすだけで毛穴の汚れをしっかり取ることができるので、手軽に使えるが魅力ですね。

毛穴パックは、毛穴が開いている状態の時に使うのが効果的です。お風呂上がりなどに使うと良いでしょう。ただしパックの最中に汗をかいてしまうと、湿気で汚れが取りづらくなるため、身体のほてりや汗が引いてから使いましょう。毛穴パックをした後は、肌が乾燥しているので、しっかり保湿ケアをすることも大切です。

また毛穴パックをすると、汚れが取れたことを実感しやすいので、ついつい頻繁にやってしまいがちです。でも刺激が強いので、やり過ぎると毛穴が余計に目立ってしまいますから、月に2回程度にとどめておきましょう。

「シートマスク」の正しい使い方

美容成分をたっぷり含んだ「シートタイプ」のパックは、短時間で集中的に肌に栄養を送り込める便利なアイテムです。洗顔後に化粧水で肌を整えてから使いましょう。

顔の露出している部分は、パックをしている間に乾燥しがちなので、あらかじめ目元や口元に乳液などをつけてから行うのがオススメです。

シートパックを長時間肌に乗せておいた方が、より効果を得られそうな気もするかもしれませんが、パッケージに記載されている目安の時間をきちんと守りましょう

なぜならばシートマスクは非常に吸収性が高いので、乾くと肌の水分を奪ってしまうからです。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 尾崎 峰
  • 神三矢
  • 市川明子
  • 菅原奈津子
  • 後藤龍学
  • 保志名勝
  • 竹内直生
  • 正木健太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.