1484名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

男のニキビの対処法(1)スキンケア

更新日:2016/12/09 公開日:2014/04/22

スキンケア

男のニキビ対策はまずスキンケアから

ニキビは肌の皮脂が過剰に分泌され毛穴を詰まらせ、毛穴の中のアクネ菌が皮脂を栄養にして増殖し皮膚に炎症を起こすことによりできます。

ニキビ対策で最も効果的なのは、スキンケアでこの過剰な皮脂を洗い落とし、細菌が繁殖しにくい肌環境をつくり出すこと。正しい洗顔方法・保湿方法でニキビができにくい肌を手に入れましょう。

ニキビ対策のための洗顔方法

一口に洗顔と言っても、乱暴にしてしまっては逆効果。正しい洗顔方法でニキビ対策をしましょう。

まず、洗顔料を使う前に顔をぬるま湯で素洗いします。これで肌の表面の汚れは殆ど落ちますので、洗顔料で毛穴の汚れを取るのがスムーズになります。顔を洗う時は38℃くらいのお湯がベスト。熱すぎると肌への刺激が強く、肌トラブルの原因になりますので注意しましょう。

洗顔料は、顔につける前にしっかり泡立てます。泡だてネットを使うとよいでしょう。しっかり泡立てたら顔につけ、手でやさしく円を描くように洗います。

この時、手は顔に触れず、泡で顔を洗うイメージで。決してゴシゴシ顔を擦ってはいけません。

顔をまんべんなく洗えたらすすぎます。洗顔料が残らないようしっかり時間をかけてすすぎましょう。顔を洗うのは気をつけていても、手を抜いてしまいがちなのがこのすすぎ。

しかし、泡が残ってしまうとこれも肌トラブルの原因になります。洗顔と同様かそれ以上の時間をかけてすすぐくらいがちょうどよいのです。

洗い終わり、タオルで水分を取る時も注意が必要。せっかくやさしく洗ったのにゴシゴシ拭いてしまってはこれまでの努力が水の泡です。やさしくタオルを顔に押し当て、水分を吸収させるようにしましょう。毎回下ろしたての清潔なタオルを使うことも重要です。

化粧水や乳液を使うのも効果的

ニキビ対策には保湿が重要。乾いた肌は角質が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなります。

洗顔した後は水分が蒸発しないうちに化粧水をつけ、保湿をしましょう。洗顔やお風呂あがりの5分以内が効果的。化粧水は少量ずつに分けて顔に塗ります。

1回分は100円玉程度の量を手に取り、やさしく叩くようにつけましょう。化粧水は多少多めにつけてしまっても大丈夫ですので、ケチらず使いましょう。

乾燥肌の方は、化粧水のあとに乳液を使うのもよいでしょう。ただし、化粧水と違い、乳液はつけすぎると毛穴を詰まらせてしまいます。1回分は10円玉程度の量にとどめ、乾燥が気になる部分があれば、多めに塗るなど工夫しましょう。

今すぐ読みたい

注目情報

参画医師1484名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 美原寿之
  • 田中牧恵
  • 菅原奈津子
  • 須田陽一
  • 高橋淳
  • 黒田愛美
  • 木原綾子
  • 西岡弘記

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.