1451名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

口臭の改善対策(5)腸からくる口臭

更新日:2016/12/09 公開日:2014/05/16

口臭と腸内環境の関係

「歯磨きをしても口臭がなかなか取れない」という場合は、腸内環境の悪化が影響しているのかもしれません。

私たちの腸の中には、500~600種類もの細菌がいると言われています。このうち消化吸収を助けたり、病気に対する抵抗力をつけたりするなど、体を健康に保つために働くのが「善玉菌」。それに対して、病気の原因になるなど、体に悪影響を及ぼすのが「悪玉菌」です。

腸内環境が悪化して、善玉菌よりも悪玉菌が増えすぎると、腸の中のタンパク質や脂肪が分解されにくくなり、腐敗して有毒ガスが発生します。

このガスは、便やおならと一緒に体外に排出されますが、一部は血液に入って体をめぐり、肺に到達して呼吸と共に口から排出され、口臭の原因になるのです。

善玉菌を増やすには?

腸からくる口臭を改善するためには、腸内の善玉菌を増やことが大切です。そのためには「乳酸菌」「オリゴ糖」「食物繊維」を積極的に摂るようにしましょう。

乳酸菌…善玉菌の代表と言われる乳酸菌は、発酵食品に多く含まれています。特に、みそ、しょう油、漬物、キムチなどに含まれる「植物性乳酸菌」は、胃酸や消化液などにも強く、生きたまま腸に届くと言われています。

これに対してヨーグルトなどに含まれる「動物性乳酸菌」は、腸に到達する前に死滅しやすい傾向があります。善玉菌を増やすためには、菌が腸まで届いて定着する「特定保健用食品」のヨーグルトを選ぶようにしましょう。

オリゴ糖…オリゴ糖は善玉菌のエサになります。豆腐や納豆などの大豆製品、ネギ、タマネギ、ゴボウ、バナナなどに多く含まれています。また、オリゴ糖の甘味料も市販されているので、砂糖の代わりにこういったものを利用するのもオススメです。

食物繊維…善玉菌のエサになると共に、悪玉菌が作り出した有毒物質を体の外に排出する働きがあります。大豆製品や野菜、果物、海藻、きのこなどに多く含まれています。

悪玉菌を減らすには?

悪玉菌は、タンパク質や脂質をエサにして増殖するので、肉類を摂り過ぎないようにしましょう。またストレスには、消化液の分泌を抑制してしまう作用があります。

消化液の分泌が減ると、食べ物が長く腸内に溜め込まれ、悪玉菌が増えてしまいます。適度な運動をするなど、自分なりのストレス発散方法を見つけるようにしましょう。

注目情報

参画医師1451名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 吉見公一
  • 高橋徹
  • 玉城有紀
  • 伊東秀記
  • 荻野和仁
  • 井村龍麿
  • 濱田英之輔
  • 野田武志

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.