5223名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

お尻ニキビの原因と対策

更新日:2016/12/09

悩ましい「お尻ニキビ」

お尻にできたニキビに、悩まされたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか? お尻にできると椅子に座った時に痛むこともあり、見えない部分とはいえ早めに治したいニキビです。

ただ、お尻は顔とは違い、皮脂の分泌は多くありません。では、なぜニキビが出来てしまうのでしょうか。その原因を、対策と一緒に見ていきましょう。

お尻は通気性が悪く、蒸れやすい

お尻は、常に下着とズボンを履いた状態で、立ち仕事でない場合、1日の多くの時間は座っています。ですので、お尻は非常に通気性が悪く、汗をかくと蒸れやすいのです。

下着は、通常1日1回しか履き替えませんので、汗や蒸れは放置された状態になります。これにより、お尻はニキビができやすくなってしまうのです。

お尻のニキビが気になる方は、汗をかいたら下着を履き替えるようにするとよいでしょう。また、下着の素材選びもニキビと関係があります。

下着の素材も原因に

下着の素材もニキビの原因になります。素材による通気性の違いが主な原因です。

綿や絹の下着は通気性がよいのですが、それに比べて、化学繊維やナイロンなどは汗を吸収しにくく、通気性が悪いです。また、肌への刺激も強いので、繊維の種類によってはニキビができやすくなってしまうのです。

通気性がよく、肌への刺激が少ない素材を選ぶことが、お尻ニキビの対策になります。綿や絹などの天然素材のものを選ぶのをオススメします。

下着との摩擦で治りにくくなってしまう

ニキビは外から刺激を受けると治りにくく、再発しやすくなってしまいます。座っているとお尻への摩擦は避けられませんので、なかなか対策は難しいです。

間違った姿勢で座っていると、お尻への摩擦は大きくなります。姿勢を正せば摩擦はかなり和らぎますので、座る姿勢に気をつけましょう。

お尻を清潔に保ちましょう

顔にできるニキビと同じく、お尻が清潔に保たれていないとニキビができやすくなります。きれいに洗うのはもちろん、下着も清潔なものを履くようにしましょう。

ボディソープの洗い残しもニキビの原因になります。お尻はすすぎの時に手が届きにくく、洗い残しが多くなりがちです。しっかりと石鹸を洗い流すように意識してください。

今すぐ読みたい

ピックアップ特集

参画医師5223名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 仮屋暢聡
  • 新垣実
  • 田尻豊和
  • 平部千恵
  • 水谷和則
  • 野中大樹
  • 田原一郎
  • 小川英朗

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.