1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

紫外線は肌の老化に繋がる

更新日:2017/06/07 公開日:2014/06/19

老化を招く最大の原因は紫外線

「男の肌は日に焼けて浅黒いくらいが調度良い」「男が紫外線対策なんて恥ずかしい」「UVケアは面倒」と思っている方が、男性には多いかしれません。でも、紫外線の影響は、ただ日焼けをして一時的に肌が黒くなるだけではありません。紫外線は、肌の老化を招く最大の原因になるのです。

年齢を重ねれば、シミやしわ、たるみなどの肌の老化を誰しもが経験します。「年だから仕方ない」と思いがちですが、実は加齢による「自然老化」は老化の原因のたった20%にしか過ぎません。では、残りの80%は何が原因なのかというと、紫外線による「光老化」なのです。

紫外線とシミやしわの関係

日焼けをすると、まず肌が熱を持って赤く腫れ、その後でだんだん黒くなっていきますね。これは、色素細胞が刺激されてメラニン色素がたくさん作られるからです。

紫外線を浴びると、皮膚の細胞がダメージを受けてしまうので、紫外線を吸収しやすいメラニン色素を増やして肌を黒くすることで、次に紫外線を浴びるときに備えて防御措置を行っているのです。

生成されたメラニン色素は、紫外線を浴びる量が少なくなれば、ターンオーバーによって肌の角質細胞と共にはがれ落ちるので、肌の色も徐々に元に戻っていきます。

しかし長い期間、大量の紫外線を浴び続けると、皮膚細胞のDNAが傷ついてメラニン色素を必要以上に作り続け、生成したメラニン色素を排泄し切れなくなって、シミの原因になるのです。

また、紫外線に当たり続けると、肌の弾力を保っているコラーゲンの線維が切れたり、コラーゲンを破壊する酵素が活発になったりして、しわやたるみの原因にもなります。

紫外線のダメージは日々蓄積している

紫外線というと、真夏の炎天下をイメージするかもしれませんが、1年を通して晴れの日も雨の日も、紫外線は地上に降り注いでいます。

そして、私たちが日々浴び続けた紫外線のダメージは、知らないうちに肌に蓄積され、一定量を超えると、シミやしわなどのトラブルとして、急に表面化するのです。

これまでに浴びてしまった紫外線のダメージを帳消しにするのは難しいことですが、これ以上蓄積させないために、いまからでもしっかりと紫外線対策をしていきましょう。対策をするかどうかで、今後の肌が大きく変わってくるはずです。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 辻直子
  • 馬渕知子
  • 梁川厚子
  • 長谷川 淳一
  • 坂内将佑貴
  • 牧野良彦
  • 谷村真一
  • 上林淑人

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.