1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

ワキガに効果的なミョウバンとは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/06/24

ワキガに効く「ミョウバン」ってなに?

ワキガには「ミョウバン」がよく効きます。その使用方法の前に、そもそも「ミョウバン」とは何かを説明しましょう。

ミョウバンとは、化学的に言うと「カリウム」や「鉄」・「アルミニウム」などの金属イオンが硫酸塩として結ばれた複塩の総称です。自然界にも存在し、食品添加物としても利用される安全な物質です。

古代から染色剤や防水剤・皮なめし剤などとして広く利用されています。日本人には煮物の煮崩れを防いだり、ナスの漬物の色落ちを防ぐために使用したり、といった利用法がよく知られています。

ミョウバンの殺菌作用がワキガに効く!

ミョウバンは水に溶かすと酸性を示します。これにより、ミョウバン水を皮膚に塗布すると、皮膚表面の雑菌の繁殖が抑えられます。

また、メカニズムははっきりとわかっていないのですが、ミョウバンには制汗作用もあります。

ワキガは「アポクリン汗腺」から分泌される汗と皮膚の常在細菌が反応することにより発生します。ミョウバンの殺菌・制汗作用により、ワキガの原因となる汗と細菌を両方とも抑えることができるのです。

また、ワキガ以外にも、ミョウバン水はアルカリ性の臭いを抑える効果があります。これはミョウバン水が酸性のためで、足の臭いやペットの臭いに効果があります。

ワキガに効くミョウバン水のつくり方

ミョウバンは薬局やスーパーなどで簡単に手に入り、50gで100円程度と安価で買うことができます。

用意するものは、以下の4つです。

・ミョウバン 50g(ミョウバン・焼きミョウバンどちらでも構いません)
・水 1500ml
・1500mlのペットボトル
・空のスプレーボトル

まず、ペットボトルに水とミョウバンを入れ、蓋をして軽く振ります。ミョウバンは水に溶けにくいため、この段階では白くにごり、溶けきらないミョウバンが水に浮いているような状態になります。完全に溶かすため、一晩置いておきましょう。

一晩たつと、無色透明になり、完全にミョウバンが溶けきった状態になっていると思います。この原液を10倍に薄め、スプレーボトルに詰めます。これでワキガに効く「ミョウバン水」の完成です。つくったミョウバン水は冷蔵庫で1ヶ月程度保存が効きます。

ミョウバン水ができたら、このまま脇にスプレーしてもいいですし、ガーゼに含ませて脇を拭くのもよいでしょう。原液を50cc程度お風呂に入れ、「ミョウバン浴」をすると脇だけでなく足の臭いも同時に消臭できます。ミョウバン水は酸性のため、お風呂に入れ過ぎると金属の風呂釜を傷める可能性がありますので注意してください。

人によっては、まれにミョウバン水で皮膚がかぶれることもあるようです。かぶれてしまった場合は濃度を薄くしてみて、それでもダメなら使用は控えるようにしましょう。

今すぐ読みたい

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 藤巻理也
  • 百枝加奈子
  • 小川元
  • 池上彩子
  • 永山幸
  • 稲葉岳也
  • 石井秀典
  • 沖津茉莉子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.