1450名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

カミソリ負けしてできるニキビ

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/25

カミソリ負けしてできた赤いぶつぶつ、本当にニキビ!?

髭を剃ったり、腕や足のムダ毛を処理した後、ニキビのような赤いぶつぶつができたことがありませんか?これは、ニキビではなく、「毛嚢炎(もうのうえん)」という毛穴の炎症の可能性があります。

毛嚢炎をニキビと勘違いし、ニキビ薬を塗ってしまうと、逆に炎症を悪化させてしまうことになりかねません。毛嚢炎なのかニキビなのかをしっかりと判断し、正しいケアを行うようにしましょう。

カミソリ負けによる毛嚢炎とは

毛嚢炎は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が、カミソリしてできた皮膚の小さな傷から入り込むことによりできる炎症です。カミソリ負けしてできる赤いぶつぶつは、一般的にはこちらであることが多いです。

カミソリ負けによる毛嚢炎は、肌に均一にできることが多く、表面も滑らかで、ニキビのように隆起していません。また、毛嚢炎ができてしまっても、カミソリを使うのを中止すれば数日〜1週間程度で治ります。

カミソリ負けしてできるニキビの原因

ニキビは皮脂の過剰分泌により毛穴がふさがり、詰まった毛穴の中でアクネ菌が繁殖することにより発生します。通常は、ホルモンバランスの崩れなどが原因となります。

カミソリ負けによるニキビは、カミソリによる皮膚への刺激が原因です。皮膚が刺激を受けると、肌を守ろうとして皮脂を分泌します。この刺激が毎日繰り返されることにより、皮脂が過剰に分泌され、ニキビとなってしまうのです。

カミソリ負けによるニキビは、毛嚢炎と違い、まばらにできることが多いです。また、カミソリを使った後すぐにはニキビはできません。カミソリを使ってすぐ赤いぶつぶつができたら、毛嚢炎を疑いましょう。

毛嚢炎とニキビの見分け方

毛嚢炎とニキビは非常に似ており、素人によるでは判断が難しい部分があります。上記のそれぞれの特徴をよく比べればある程度は判断できますが、確実にどちらか判断し治療を行いたい場合は、皮膚科医に相談してください。

病院では、毛嚢炎が疑われる場合は、顕微鏡検査で黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌の検出を行います。ニキビは目視による診断が一般的なので、信頼できる医師に診てもらうとよいでしょう。

詳しくは「髭剃り跡がぶつぶつになる理由」をご覧ください。

注目情報

参画医師1450名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 髙岩真理
  • 飯田秀夫
  • 土屋沙緒
  • 出口正巳
  • 張賢二
  • 松村圭子
  • 高野洋一
  • 山崎智徳

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.