美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

高い生着率が魅力。植毛のダイレクト法とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

植毛

ダイレクト法とは?

「ダイレクト法」とは、機械を使う「FUE法」のことです。従来のFUE法が手作業で採取するのに対し、ダイレクト法では機械の電動パンチで採取するというわけです。では、そもそもFUE法とはどのような施術方法でしょうか?

FUE法とは?

一般的な自毛植毛(FUT法)では、薄毛になりにくい後頭部の髪の毛を、まず頭皮ごとメスで細長い帯状のブロックに切り取ります。そして、切り取った頭皮のブロックをメスで毛包単位に細かく切り分けて(株分けして)から、薄毛が気になる部分に植え込んでいきます。

これに対してFUE法では、メスの代わりに「吸引パンチ」と呼ばれる直径1mm以下の細いチューブを使用します。この吸引パンチで、髪の毛を頭皮ごと毛包単位でくり抜くように採取し、不必要な頭皮を切除して移植していきます。

株分けに長く時間がかかると、採取したドナーがダメージを受けてしまいます。しかし、株分けの必要ないFUE法は、採取してすぐに移植できるため、移植毛の生着率が高いというメリットがあります。また、FUT法はメスを使うため、後頭部に横一直線の長い傷跡がついてしまいますが、FUE法ではメスを使わないため、直径1mm未満の点状の傷しかつきません。その傷も自然に塞がっていくので、縫合する必要もありません。さらに、頭皮のつっぱりが強く、メスでドナー採取をするのが難しいような人でも、FUE法でなら植毛手術を受けることができるというメリットもあります。

ダイレクト法のメリット

それでは、FUE法の進化版と言えるダイレクト法には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット1:機械を使うダイレクト法は、手作業のFUE法よりも、ドナー採取にかかる時間を大幅に短縮することができます。

メリット2:手作業では採取するときに角度が変わったりしてグラフトを傷つけてしまうことがありますが、電動パンチであれば正確な採取が可能になるため、グラフトを傷つける心配がありません。

メリット3:2本毛、3本毛、4本毛といった元気な毛髪をドクターが目で見て選択しながら採取することができるため、より高い生着率を実現できます。

メリット4:機械では無駄な組織がついていないきれいなグラフトを採取できるため、移植するときに間隔をつめて植え込め、髪の密度を高くすることが可能です。

メリット5:移植する際は、インプランターという機械で空気圧を利用して移植していくため、手作業のFUE法よりも生着率が高くなります。

ダイレクト法はすべてのクリニックで行っているわけではないため、植毛を検討している方は、行っている施術方法を調べたうえでクリニックを選ぶことをおすすめします。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 田川大地
  • 池田優子
  • 山田佑樹
  • 日比野佐和子
  • 半田俊哉
  • 梶原朋恵
  • 吉種克之
  • 池上彩子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.