1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

外出先でもできる汗染み対策

更新日:2017/08/22 公開日:2014/08/26

  • この記事の監修ドクター

  • メンズスキンケア大学参画ドクター

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

外出先でもできる汗染み対策とは

電車の中でつり革を持つ瞬間や、大事な会議やプレゼン、デートなどの前に限って、汗染みに気がつくことがあります。そのようなときにサッと対策できるグッズを持ち合わせていれば、安心ですよね。

ここではそのような便利な対策グッズや、なにも携帯していない時のための応急処置方法をご紹介します。

わき汗が多く出る原因

汗染みに限らず、わき汗が気にあるという方は多いのではないでしょうか。わき汗が多く出てしまう原因として、緊張による精神性の発汗や更年期の影響、ストレスなどが考えられます。更年期の症状のひとつとして、上半身を中心に、自分の意志とは関係なく大量の汗をかくことがあります。また、ストレスによって汗をかき、汗をかいてしまう不安からさらに汗が出てしまうというケースもあります。

手軽に使える汗染み対策アイテム

制汗剤にはスプレータイプ、ロールオンタイプ、クリームタイプなど、使用方法が異なるさまざまな種類が存在しますが、外出先で手軽に使えるタイプといえば、噴きつけるだけのスプレータイプか、かいてしまった汗も拭き取ることができるシートタイプがおすすめです。

とくにシートタイプはおしぼりのような感覚で、人前でも使いやすい点が便利です。

汗染み対策グッズがない時はリンパ節を冷やす

汗を抑えるためのグッズをなにも携帯していないときは、とにかく体温を下げることが効果的です。早く体温を下げるためには、リンパ節を冷やすことがすすめられます。

保冷剤や冷感スプレーを携帯している場合はそれらを「首のうしろ」「左鎖骨の下」「わきの下」「そけい部(左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の三角形状の部分)」「ひざ裏」にあるリンパ節にあててください。

また、外出先でそれらのグッズがない場合には、濡らしたハンカチをあててください。それだけでも汗を抑える効果があります。

汗染み対策に機能性下着を活用

汗がシャツに染みるのを防ぐには、汗が出るのを抑えるのではなく、シャツと肌との間にわき汗パッドや、機能性下着を挟むことも効果的です。

最近では抗菌、防臭、冷感効果などをともなうさまざまな機能性下着が発売されており、街中のファストファッションなどでも手軽に購入することができます。

これらのグッズを手に入れにくい状況にあるときは、ティッシュを一枚挟んでおくだけでも効果的です。

汗染み対策のまとめ

汗染み対策には、市販のシートタイプやロールオンタイプなどの制汗剤を使用することのほかに、制汗剤がないときにも行える方法や、下着から対策する方法が考えられます。賢く活用して、汗染み対策をしましょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 尾崎 峰
  • 神三矢
  • 市川明子
  • 菅原奈津子
  • 後藤龍学
  • 保志名勝
  • 竹内直生
  • 正木健太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.