1429名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

「ワキガ」と「汗臭い」の違い

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/30

ワキガも汗の臭いが原因!

「ワキガ」と「汗臭い」、どちらも共通するのは「汗が原因」だということです。汗臭い原因が汗だというのは当然のこととして、ワキガの原因が汗だというのは初めて聞いた、という人もいるかもしれませんので、すこし解説しましょう。

気温が高い時や、運動をして体温が上がった時に出る汗は、全身に分布している「エクリン汗腺」という汗腺から出ます。この汗は、99パーセントが水分で、残りは塩分などのミネラルや乳酸などで構成されています。

一方、ワキガの原因となる汗は、ワキなどに集中して存在する「アポクリン汗腺」が原因です。アポクリン汗腺から出る汗は、白い乳白色をしており、脂質やタンパク質が多く含まれています。このエクリン汗腺から出る汗とは違う汗を、ワキの皮膚や脇毛に住んでいる雑菌が分解することにより、ワキガが発生するのです。

ワキガと汗の臭いは何が違うの?

ワキガの臭いを嗅いだことがある人ならわかると思いますが、一番の違いはやはり「臭い」です。その違いは、上記の原因となる汗の違いによるものとなります。

エクリン汗腺から出る汗はほとんどが水分ですから、それ自体は臭いの原因とはなりません。臭いのもととなるのは、汗と一緒に流れ出る古い皮脂や角質です。これらを雑菌が分解することにより、あのムワッとする汗の臭いが発生します。

一方、上でも説明した通り、アポクリン汗腺から出る汗にはもともと脂質やタンパク質などの成分が多く含まれています。皮脂や角質とは違う、これらの成分を雑菌が分解する時、汗の臭いとは違う、ツーンとしたワキガ臭が発生するのです。

詳しくは、ワキガはなんで臭いの?をご覧下さい。

ワキガは生まれつきのものである!

もう一つの大きな違いは、汗臭いのは誰しも陥る危険性がありますが、ワキガは生まれつき、臭う人と臭わない人に分かれていることです。

エクリン汗腺は、無汗症という病気でない限り、全ての人間が全身に持っている汗腺です。皮脂や角質が分泌されない人もいませんから、対策を怠ると、誰しも平等に「汗臭い」状態に陥ってしまう可能性があることになります。

一方、アポクリン汗腺は、遺伝により、生まれつき数が決まっています。両親ともにアポクリン汗腺がない場合は、子どももアポクリン汗腺ができることはなく、したがって、ワキガになる可能性もないことになります。

日本人では、ワキガである人の割合は10%ほどだとされています。ワキガは体質なので、本当は治さなければならないものではないのですが、ワキガがマイノリティな社会だとどうしても周りから嫌われてしまう傾向が出てきてしまいます。その実情も踏まえ、日本ではワキガの手術に保険が認められていますので、深く悩んでしまう前に一度、皮膚科や形成外科に相談しに行ってみましょう。

一方、汗の臭いは多汗症などの病気の人を除けば、体をきちんと洗う、汗を抑える対策をするなど、身だしなみレベルの対策で抑えることができます。特に暑い季節は、知らず知らずのうちに他人に迷惑をかけていることが往々にしてあります。しっかり対策して、「汗臭い!」と言われないように気をつけましょう。

また、ワキガの人は自分のニオイに気付いていない場合があります。不安な方は、コチラからセルフチェックしてみてはいかがですか?

今すぐ読みたい

参画医師1429名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 菅原由香子
  • 張賢二
  • 小宮美慧
  • 小出真哉
  • 小林美幸
  • 有川順子
  • 中山晴美
  • 小﨑有恒

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.