1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

洗顔料の正しい泡立て方

更新日:2017/05/17 公開日:2014/09/26

  • この記事の監修ドクター

  • メンズスキンケア大学参画ドクター

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

洗顔のポイントは、しっかり泡立てること!

男性にいつもの洗顔方法を聞くと、「泡立て方が不十分だな」と思います。洗顔料を手に取り、数回泡立てをしただけで顔につけてしまう方が多いのですが、これでは洗顔料が、肌の汚れを十分に吸着できませんし、すすぎ不足になりやすく、石鹸カスが肌に残ってしまいます。

洗顔料を使う時の一番のポイントは、「しっかりと泡を立てること」です。洗顔料が肌に合わない、と嘆いている方も、ひょっとすると泡立てが不十分で、洗顔料を多く使い過ぎていることが原因かもしれません。洗顔料の正しい泡立て方をマスターし、洗顔料の力を最大限に引き出しましょう。

正しく泡立てれば、手だけでキメ細かい泡が作れる

「手だけじゃモコモコに泡立たないよ…」と思う方もいるでしょう。しかし、正しく泡立てれば、手だけでキメ細かい泡を作ることができます。その手順は、

(1)洗顔前に手をきれいに洗う
(2)手の平をくの字に曲げて洗顔料を取り、もう一方の指先で泡だて器のように泡立てる
(3)適宜、水を加えながら泡立てる

意外と見過ごしやすく、必ず守ってほしいのが手順です。手に汚れがついたままだと、その後の手順がいくら正しくても十分に泡立ちません。

手順(2)は、少しコツ必要です。洗顔料を取った方の手の平はしっかりとくぼませ、器のような形を作ります。そして、もう片方の指先を泡だて器のように使い、空気を含ませるようにしながら泡立てます。

手順(3)も忘れてはいけません。しっかりと泡に水分を与えないと、十分な泡は立ちません。泡立ってきたな、と思ったら水を加えてまた泡立てる。これを繰り返すとフワフワのキメ細かい泡が完成します。手順(2)と手順(3)は、1分〜1分半くらいかけて、しっかりと行ってください。

泡立てネットやスポンジを使えば、より簡単に

手だけでも十分キメ細かい泡は作れますが、泡立てネットやスポンジを使えば、簡単に泡立てることができます。

まず、泡立てネットやスポンジに水を含ませ、洗顔料を適量乗せます。泡立てネットならネットを両手で包み込むようにして揉み込み、スポンジなら空気を含ませるようにして握る、離す、を繰り返します。あっという間にキメ細かい泡が出来上がるはずです。泡立ちが悪い時は、適宜水を加えましょう。

泡立てネットやスポンジを使う時の注意点は、使用後はしっかりときれいに洗い、乾燥させて保管することです。濡れたまま放っておくと、細菌が繁殖し、泡立ちが悪くなるばかりか、肌への悪影響をもたらす場合もありますから、注意しましょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 須田陽一
  • 山川美佐
  • 田中宝
  • 樫山洋子
  • 吉原伯 
  • 小柳衣吏子
  • 後藤龍学
  • 佐藤薫

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.