3071名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

間違った予防法は抜け毛を加速させる!

更新日:2016/12/09

抜け毛の原因?その1:間違った洗髪方法

正しいと思っていた抜け毛対策が、抜け毛をよけい加速させていた……そんなショックな事態は避けたいものです。しかし、世の中には間違った方法が溢れていることをご存知でしょうか?何が正解・不正解かを知り、今後の抜け毛予防に役立てましょう。まずは、間違ったヘアケアの定番である、シャンプー方法の誤りについて説明します。

●(1)洗浄力の強いシャンプーを使っている
一般的に販売されている「高級アルコール系」シャンプーは、洗浄力と共に頭皮への刺激も強いので、皮脂の過剰分泌や肌荒れを引き起こす可能性があります。また、最近は殺菌効果のあるシャンプーも増えていますが、これも肌や頭皮に存在する常在菌を弱らせる原因になる可能性があります。抜け毛を予防するには、「アミノ酸系」など、使用後に乾燥やつっぱりを感じにくい、地肌にやさしいシャンプーを使いましょう。詳しくは『頭皮に良いシャンプーの選び方』をご覧下さい。

●(2)1日に何回も洗髪している
抜け毛予防の基本は頭皮を清潔に保つことですが、長時間の洗髪や1日に複数回の洗髪は、本来必要な皮脂まで流してしまうためNGです。必要な皮脂が失われると、体は頭皮を守るために、より多くの皮脂を分泌してしまいます。過剰な皮脂による毛穴のつまりは、抜け毛の原因になるといわれています。

●(3)爪を立てたり、ゴシゴシ洗っている
知らず知らずのうちに、爪を立てたり、力を入れてゴシゴシ洗っていないでしょうか?爪を立てての洗髪は、頭皮を傷つけ、炎症を起こす原因になります。洗髪は、指の腹でやさしくマッサージするように行いましょう。

抜け毛の原因?その2:間違った抜け毛予防策

●(1)適量以上の育毛剤を塗布する
育毛剤には製品ごとに正しい使用方法があり、それを守ることが重要です。また、一般的に育毛剤が頭皮へ吸収される量は一定なので、一度に大量に塗布したからといって効果が高くなることはありません。むしろ、製品によっては副作用のリスクや、トラブルを起こす可能性があるので、適量の使用を心がけましょう。大切なのは一回の量ではなく、毎日続けることです。

●(2)頭皮をクシやブラシでトントン叩く
血行をよくして発毛を促すと考えられているようですが、そのような効果をもたらすという医学的根拠はありません。逆に、先がとがったもので叩くと、皮下組織を傷める原因になるので、避けた方がいいでしょう。

●(3)毛を太くするために剃髪する
「剃った後に生える毛は太くなる」という説がまことしやかにささやかれているようですが、これは大きな間違いです。毛髪がないと、紫外線が皮膚に直接あたり頭皮を痛めやすくなるので、剃るのはあまりおすすめできません。

頭皮はとてもデリケートです。正しい知識を身につけ、抜け毛予防につなげましょう。

注目情報

ピックアップ特集

参画ドクター3071名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 水谷和則
  • 大島玄
  • 今井邦彦
  • 近藤紀子
  • 森本亜玲
  • 千明美保
  • 力丸英明
  • 浪川浩明

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.