1441名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

育毛サロンと育毛クリニックはどう違う?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

育毛サロンと育毛クリニックの違いとは?

育毛サロンと育毛クリニックは、共に毛髪の悩みを改善してくれる専門機関です。では、両者の違いはどこにあるのでしょうか?一番大きな違いは、悩みへのアプローチです。つまり、「ケア」か「医療行為」かで分けられるというわけです。

●育毛サロンとは?
育毛サロンとは、頭皮のケアを目的としたサービスを施す場で、エステと同じです。医薬品の処方はできないため、頭皮の洗浄やマッサージなどの“効果が期待できる”とされるケアがメインとなります。

●育毛クリニックとは?
育毛クリニックとは、医師が診察治療にあたる毛髪専門外来です。育毛に効果があるとされる医療薬の処方や治療を施せます。ただし、治療により100%改善するとは言えないのが現実です。もちろん、治療なので育毛サロンのケアよりは有効と言えますが、効果には個人差があり、“期待できる”という域を出ません。

サロンとクリニックどちらに行くべき?

では、薄毛が気になった場合はクリニックに行くべきなのでしょうか?一概にそうとも言えません。どちらに適しているかどうかは、薄毛の進行状況によるためです。あまり進行していない場合、つまり、予防をメインとするのであれば、サロンのケアで十分な場合もあります。しかし、薄毛が進行しているのであれば、やはりサロンのケアでは効果を実感できる可能性は低いでしょう。本気で育毛対策を考えるのであれば、やはりクリニックでの治療が望ましいと言えます。

ただし、サロンであろうがクリニックであろうが、薄毛は「完治」できるものではありません。円形脱毛症や瘢痕性脱毛症などによる抜け毛の場合は完治も可能ですが、AGA(男性型脱毛症)は進行性の薄毛であるため、一度発症したら進行を遅らせることはできても治すことはできないのです。また、毛を生やすのをやめた毛穴から再び髪を生やすことも、ほぼ不可能といわれています。その効果を認められているAGA治療薬のプロペシアやミノキシジルでも、やはり改善は難しく、進行を遅らせるしかできないとされています。

そのため、現在の技術において、確実に「見た目としての毛を増やせる」と言えるのは、かつらか増毛か植毛しかありません。ただ、植毛に関しては、自分の毛を移植して永遠に生え変わらせることが可能な「自毛植毛」という方法があります。これに関しては、毛を「確実に生やすことが可能」と言えます。

※自毛植毛の詳細については、自毛植毛とは?をご覧ください。

育毛方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

注目情報

参画医師1441名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 北川光一
  • 西岡弘記
  • 吉田孝二
  • 南條昭雄
  • 辻直樹
  • 鴫原康
  • 金丸博之
  • 寺井美佐栄

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.