1441名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

育毛に効果的とされる薬って?副作用とかないの?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

育毛に効果的とされる医薬品の種類

育毛に効果的とされている薬には、以下の3種類があります。特に、プロペシアとミノキシジルは、日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインで、「行うよう強く勧められる」とされる推奨度Aにランク付けされています。

●プロペシア
プロペシアは、世界でもっとも有名な薄毛治療薬です。有効成分はフィナステリドという成分で、もともとは前立腺疾患を治療する薬として開発されました。しかし、治療過程で服用していた患者に増毛効果が見られたことから、1997年に米国食品医薬局(FDA)の認可を受け、薄毛治療薬としても用いられるようになったとされます。

フィナステリドには、5αリダクターゼの働きを阻害することで、AGAの原因物質とされる「ジヒドロテストステロン」の生成を抑える作用があります。世界60か国以上で承認され、日本では厚生労働省が認可した唯一の薄毛治療薬です。

●ミノキシジル
ミノキシジルは血管拡張剤として開発された成分で、頭皮の血行を改善し、毛髪の育成に必要な栄養素を毛根に届けることで、髪の発育を助けるとされています。頭皮に塗布する外用薬とタブレット状の経口薬がありますが、日本では内服薬の認可はおりていません。外用薬の方は、市販でも購入が可能です。

●アボルブ
アボルブは、デュタステリドを主成分とする経口内服薬です。デュタステリドはプロペシアと同様に前立腺肥大症の治療薬として開発された医療成分で、5αリダクターゼの働きを阻害する働きを持つといわれています。

副作用の危険性はある?

医薬品は人体に有効な作用がある反面、副作用をもたらすものでもあります。副作用のリスクもきちんと理解したうえで服用するようにしましょう。

●プロペシアの副作用
食欲減退、肝機能障害、性欲減退、勃起機能不全、乳房障害、全身倦怠感、腎機能障害などの副作用が見られることがあります。また、フィナステリドは胎児の外性器に悪影響を与えるため、妊婦や授乳中の女性、幼児は触れることすら禁じられています。

●ミノキシジルの副作用
体毛が濃くなる、むくみ、血圧低下、吐き気、心拍数の増加などの副作用が見られることがあります。また、血管拡張作用があるため、心臓病など循環器系の病を抱えている人は使用することができません。

●アボルブの副作用
食欲減退、肝機能障害、性欲減退、勃起機能不全、乳房障害、全身倦怠感、腎機能障害、初期脱毛などの副作用が見られることがあります。また、ディタステリドもフィナステリド同様、胎児の外性器に大きな影響を与えるため、妊婦や授乳中の女性、幼児は触れるのも厳禁とされています。

これらの薬には、薄毛の要因となる成分の阻害などにより、薄毛の予防や進行の緩和、成長を止めてしまった髪を再び太く長くする効果は期待できますが、髪を生やすのをやめてしまった毛穴から再び毛を生やすことはできません。また、全ての人に100%高い効果を発揮すると約束されたものでもありません。効果や副作用と共に、その限界もしっかりと認識したうえで使用するようにしましょう。

育毛方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

注目情報

参画医師1441名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 北川光一
  • 西岡弘記
  • 吉田孝二
  • 南條昭雄
  • 辻直樹
  • 鴫原康
  • 金丸博之
  • 寺井美佐栄

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.