1425名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

育毛効果を得るためには、健康な髪を育てる体をつくることが重要

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

健康な髪を育てる体をつくることが重要

「健康な髪は健康な体に宿るもの」です。毛髪も人体の一部。キレイな肌を保つために健康であることが大切なように、強くたくましい毛髪を育て維持するためには、体の健康が不可欠です。また、栄養が不足し、血行も悪い状態では、育毛剤や育毛サプリの効果も半減してしまいます。セルフケアの効果を早く実感するためにも、まずは体を整えることを意識しましょう。

健康な体と髪を保つための生活とは

健康な髪を育てるためには「体が健康であることが基本」ですが、今すぐに健康になるというのはなかなか難しいことです。まずは普段のライフスタイルを見直し、毛髪のための健康づくりを行いましょう。

●バランスのとれた食生活を送っていますか?
毛髪も、毎日の食事から摂取される栄養素を糧として成長するもの。髪に必要な栄養が不足すると、健康で丈夫な毛髪が育ちにくくなってしまいます。

●睡眠はきちんととれていますか?
人体の成長を左右する成長ホルモンが分泌されるのは睡眠時です。また、その分泌量は、入眠直後の3時間がもっとも多いとされています。よって、深く質の良い睡眠をとらないと、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。

●タバコを吸う習慣がありますか?
喫煙は血管の収縮を招くため、血液の流れを妨げ血行不良を招きます。頭皮の血行が悪くなると毛根に栄養が届きにくくなるため、抜け毛を招いたり育毛を妨げる原因となります。

●ストレスを溜め込んでいませんか?
ストレスは自律神経に変調をきたし、血行不良や不眠症、内臓の不調やアドレナリンの過剰分泌を引き起こします。血行不良と不眠が髪の成長を妨げる理由は上で述べましたが、その他の体の不調も薄毛を招く要因となります。内臓の不調は髪に必要な栄養素の合成を妨げますし、アドレナリンの過剰分泌は活性酸素の増加を招き、それにより毛穴のつまりを引き起こすためです。

セルフケアには限界がある

体を健康に保つことは全ての前提においてとても大切なことですが、これが薄毛の治療につながるわけではありません。より、健康な髪を保つための方法であって、すでに進行してしまった薄毛を治すことはできないということを忘れないでください。

薄毛が進行している場合は、進行を遅らせるためにも、毛髪のトラブルを専門的に診察する毛髪専門クリニックの受診をおすすめします。専門クリニックでは毛髪トラブルの原因を究明し、個人に合った最適な育毛法を施してくれます。もちろん、生活の改善も試みることで、より効果を高めることが可能かもしれません。

参画医師1425名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 辻直樹
  • 内川晶氏
  • 桐渕英人
  • 内田佳孝
  • 津田智幸
  • 齋藤昌美
  • 北川哲太郎
  • 瀬川春奈

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.