1441名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

AGAの進行を遅らせるフィナステリドの効果・副作用

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

フィナステリドがAGA(男性型脱毛症)にもたらす効果とは?

フィナステリドは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれる種類の医薬成分です。もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療に使用されていたのですが、その過程で増毛効果が認められたことから、1997年にFDA(米国食品医薬局)の認可を受け、薄毛の治療薬としても使用されるようになりました。日本では「プロペシア」の名前で製造・販売されており、AGA治療薬として厚生労働省に認可を受けている唯一の薬でもあります。

フィナステリドには、「テストステロン」という男性ホルモンを、脱毛の原因物質である「ジヒドロテストステロン」に変換してしまう「5αリダクターゼ」という酵素を阻害する働きがあります。これにより、「ジヒドロテストステロン」の生成が抑制されるため、抜け毛を防げるというわけです。

フィナステリドは市販では手に入らず、入手するためには医師による処方が必要となります。

フィナステリドの副作用

フィナステリドは薬効成分である以上、副作用もあります。主なものには、食欲減退・全身倦怠感・肝機能障害・性欲減退・勃起機能不全・乳房障害・抑うつ症状などがあります。

また、フィナステリドは妊娠中の女性や授乳中の女性には非常に有害な成分であるため、服用はおろか、触れることさえも厳禁とされています。それは、フィナステリドにより、胎児の外性器に半陰陽(男性か女性かの判別が難しい状態)とよばれる障害が発生しやすくなることがわかっているためです。独身の方は問題ないですが、ご家庭をお持ちの方は取扱いに十分注意し、錠剤を割ったり破損させることのないよう気をつけてください。

個人輸入は危険!蔓延するフィナステリドの偽物

フィナステリドを正規ルートで入手するには病院で処方してもらう他ありませんが、実は、海外で販売されているものを個人で輸入する「個人輸入」という方法でも入手は可能です。個人輸入の魅力は、病院に行かなくても手軽に入手できることと、病院での処方にくらべて費用がかなり割安であることといわれています。

しかし、正規の処方ではない以上、そこにはリスクもあることを忘れないようにしましょう。流通しているものの中には「偽物」もかなり出回っています。中には、フィナステリドが含まれていないものや、逆に過剰に配合されているもの、また、雑菌などが混入しているものもあります。安全なものを安心して服用するためにも、医師による処方をおすすめします。

育毛方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

注目情報

参画医師1441名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 北川光一
  • 西岡弘記
  • 吉田孝二
  • 南條昭雄
  • 辻直樹
  • 鴫原康
  • 金丸博之
  • 寺井美佐栄

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.