1441名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

AGA(男性型脱毛症)や抜け毛に効果のある育毛剤とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

そもそも育毛剤とは?

育毛剤とは、現存する毛髪に影響を与え、抜け毛の防止・予防を行い髪の成長を促進させることを目的として開発、販売されているもののことです。

育毛剤にも種類があり、配合されている成分によって期待できる効果も変わってきます。主に以下のような育毛剤があります。

●男性ホルモンの影響を抑制するもの
ヘアサイクルを乱し、AGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるため、テストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼの働きを阻害する成分を配合したタイプの育毛剤。

●頭皮の血行を促進するもの
毛髪を作り出す毛根に必要な栄養素を届けるため、血管拡張作用のある成分や血流をスムーズにする成分を配合したタイプの育毛剤。

●頭皮や毛根に栄養を与えるもの
毛髪の合成や成長に必要な栄養素や頭皮環境を整える成分などを配合したタイプの育毛剤。

●皮脂の分泌を抑えるもの
皮脂の過剰分泌を抑える働きのある成分を配合したタイプの育毛剤。

育毛剤を選ぶポイント

育毛剤を選ぶ際に最も重要なポイントは、自分に合った育毛剤を選ぶということです。毛髪トラブルを引き起こしている原因は人によって異なるため、万人に効く育毛剤というものは存在しません。育毛剤を選ぶ際には、トラブルを引き起こしている原因を知り、その原因に適したものを選択することが重要なのです。

育毛剤を使用する際の注意点

育毛剤は使ったからといってすぐに効果を実感できるものではありません。効果を実感するためにはある程度使い続ける必要があるのです。1か月や2か月で効果がないからと止めてしまう人も多いようですが、それでは使用する意味がありません。最低でも3か月、できれば6か月は使用を続けながら様子を見るようにしましょう。ただし、頭皮にかゆみやかぶれが起きた場合は無理して続けるのではなく、速やかに使用を中止しましょう。

また、育毛剤はたくさん塗布したからといって効果が早まったり、上がったりするものではありません。使用上の注意をよく読み正しく使うことが大切です。

育毛剤は育毛効果をうたったアイテムですが、必ずしも効果がでるというものではありません。効果の出方には個人差があり、長期間使っても効果が出ない場合もあるということも知っておきましょう。

育毛方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

注目情報

参画医師1441名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 林和弘
  • 椎野芳郎
  • 谷川知子
  • 坂東行洋
  • 齋藤昌美
  • 臼井洋
  • 石原信浩
  • 石曽根亜希

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.