美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

お尻のニキビが出来たら

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/16

「お尻ニキビ」は、デリケートに扱って

お尻はニキビが出来やすい部分。一度できてしまうと、治りづらいという特徴があります。しかし、他人にみられることが少ない部分だからこそ、ニキビのないツルツルのお尻にしておきたいところです。そこで、「お尻ニキビ」をきれいに治すために、注意したいポイントをご紹介します。

「お尻ニキビ」ができた時に、注意したいこと

・お尻をこすったり、掻いたりしない

手には見えない雑菌がたくさんです。その状態でお尻のニキビを触ってしまうと、刺激が加わり、ますますニキビが悪化します。無意識の間に触ってしまうこともあるので、気をつけてください。
また、ボディタオルやボディブラシなどでゴシゴシと体を洗うことも控えましょう。わずかな刺激でニキビは簡単に潰れる恐れがあります。

・ニキビはできる限り潰さない

お尻ニキビは潰れてしまうと、跡が残りやすいという特徴があります。デコボコとクレーターになり、黒ずんで肌に沈着したニキビ跡を、なめらかな肌状態に戻すのは大変です。
もしも、ニキビが赤くなって腫れてくるようなら広がる前に皮フ科へ受診しましょう。

・下着は綿100%のものを使っているか確認する

お尻の蒸れが原因で、ニキビができていることもあります。コットン100%の下着を着用することで、肌に通気性がよくなり、お尻のニキビが治りやすくなります。ツルツルとした化学繊維が素材の下着は空気を通しにくいので控えましょう。

・保湿ケアをする

お尻の皮膚は体の中でも乾燥しやすい部分で、その乾燥が原因で「お尻ニキビ」ができます。お尻の保湿ケアをする際に、覚えておきたいのは、お尻の皮膚は顔の皮膚よりも厚いこと。通常の保湿ケアをしても、成分が十分に浸透しないこともありますので、ボディクリームで保湿をしましょう。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 千代倉友博
  • 椎名邦彦
  • 上浦典子
  • 藤井佳苗
  • 篠原三秀
  • 森上和樹
  • 昆みゆき
  • 神三矢

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.