5232名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

化粧水でできる敏感肌対策

更新日:2016/12/09

敏感肌は保湿が重要

敏感肌の原因は主に二つあります。生まれたときから紫外線ダメージなどの外的刺激に反応しやすい先天性の敏感肌と、洗顔や保湿ケアなどの間違ったスキンケアが原因で、乾燥しやすい肌状態を招いた後天性の敏感肌があります。

敏感肌に悩む大多数の方は、ほとんど後者に該当しており、スキンケア方法を正すだけで敏感肌が改善することが多いと言われています。中でも保湿ケアは、敏感肌対策に欠かせない重要なステップ。合わない化粧水を使用していると、肌への潤い補給が不十分なだけではなく、さらなる乾燥を招く可能性があります。

化粧水選びのポイント

化粧水は、下記のポイントに注意して選びましょう。

(1)保湿成分を配合した化粧水を選択する
「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などの保湿成分が入った化粧水を使用してください。これらは、肌にもともと備わっている保湿成分ですが、加齢とともに減少するため、保湿成分を意識的に補うことが必要です。

(2)肌のバリア機能を高める成分を配合した化粧水を選択する
十分な保湿ケアをしても、保湿成分が蒸発するようでは意味がありません。水分を逃がさないよう肌のバリア機能を正常に整えましょう。有効成分に「コウキエキス」「ベントナイト」「ラフィノース」などがあります。

(3)肌に刺激の少ない化粧水を選択する
男性は爽快感のある洗顔料や化粧水を好む傾向がありますが、敏感肌になったときは、肌に刺激の少ないタイプを選びましょう。「グリセリン」「尿素」「PG(プロピレングリコール)」などは低刺激なうえ、保湿効果にも優れているので、化粧水選びの参考にしてください。

(4)防腐剤フリーやノンアルコールの化粧水を選択する
化粧品の劣化を防ぐために、防腐剤として「パラベン」が配合されていることがあります。「パラベン」は肌に刺激を与える場合もあるため、敏感肌の方はパラベンフリーになっているものを極力選びましょう。

また、肌に爽やかな着け心地を与えるために、「アルコール」が入っていることがあります。「アルコール」は、揮発性があるため、肌の水分を奪います。健康な肌状態の方は、肌のバリア機能がしっかりとしているため、ヒリヒリとしたり、赤くかぶれたりすることがありませんが、敏感肌の方はヒリヒリと刺激を受けるため、使用は控えましょう。

ピックアップ特集

参画医師5232名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 三苫葉子
  • 高橋徹
  • 宮地百子
  • 梶原朋恵
  • 半田俊哉
  • 澤井循暉
  • 角田美英
  • 行徳博英

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.