3468名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

島田秀平の「開運手相」

線が長いと奥手!?【感情線】を見れば、その人の恋愛攻略法が分かる

更新日:2015/01/08

手相に出ているのは、身体的な特徴だけではありません。中には性格や、感情の出し方などを表している線もあります。そこで今回は、「生命線」と、「頭脳線」に並ぶ三大線のひとつである「感情線」について見ていきましょう。

線が長いと奥手!?【感情線】を見れば、その人の恋愛攻略法が分かる

「感情線」とは、小指の付け根の部分から、人差し指に向かって伸びている線で、その人の恋愛傾向や、感情の表し方を示します。つまり、意中の相手の感情線を見れば、その人の恋愛攻略法が分かるのです!

感情線で重要になってくるのが、線の「長さ」と「角度」です。人差し指と中指の間まで伸びているのが、平均的な長さです。これより長い人は、恋愛に対して慎重な傾向にあります。そのため、長い感情線は「①奥手線」と言えますね。

奥手線を持つ人に、いきなり「付き合って下さい」というのはナンセンスです。一気に仲良くなろうと距離を詰めれば、相手は驚いて警戒心を持たれてしまうかもしれません。この場合は「まずはお友達から…」と、メールアドレスを聞き出すくらいにとどめておくのがいいでしょう。意中の相手を落としたいなら、ポイントはじっくりと、あせらずに攻めることです。

逆に平均より線が短い人は、感情が表に出やすく、恋愛に対して熱くなりやすい傾向にあります。なので、短い感情線は「②ラテン系線」と言えます。

ラテン系線を持つ人は、ずっと連絡を取らずに放っておくと、すぐ恋愛感情が冷めてしまいます。もし狙った相手がラテン系線を持っているなら、顔文字やハートマークをどんどん使って、積極的にアプローチをかけることが重要です。「クリスマスをひとりで過ごしたくない」という人は、このラテン系線を持つ異性を狙うべし!

次に、感情線の角度について説明します。感情線が、途中から急上昇している人は、燃え上がるような恋愛を好む傾向にあります。そのため、この線は「③ロマンチスト線」と言えます。

この線を持つ人は、小さい頃に憧れるようなベタな恋愛を好みます。そのため、もし相手がロマンチスト線を持っているならば、一緒に夜景を見に行ったり、プレゼントに花束を渡したり、記念日にはメールではなく手紙で想いを伝えたり…と、お姫様のような扱いをすると、一気に心を掴むことができます。上手く行けば、ワンナイトラブも夢ではありません!

最後に、感情線が途中から下に下がっている人は、恋愛よりも趣味や仕事を優先する傾向にあります。そのため、この線は「④恋愛後回し線」と言えます。

では、恋愛後回し線を持つ人とは恋愛がしにくいのかと言われれば、そうでもありません。恋愛よりも仕事や趣味に一生懸命であれば、共通の趣味や仕事の話題で、一気に距離を縮めることができます。そのため、まずは相手の話を良く聞いて、好きな食べ物や、休日の過ごし方などから話を膨らませていくことをオススメします!

感情線が特徴的な著名人

IKKOさんの感情線はとても短かったですね。常にファッションの最前線を追っているだけあって、恋愛も常に追い求めている感じが手相にも出ているのだと思います。

また、歌手の方には、感情線が途中から急上昇している場合が多く見られます。やはり職業柄、歌に感情を乗せるのが上手くないといけないので、ロマンチスト線が強い傾向にあるのだと思います。

今回のワンポイント

とはいえ、相手の恋愛傾向が分かったところで、自分と性格の相性が良いかまでは分からないですよね。そんな人のために「一発で自分との相性が分かる方法」をお教えします。それはズバリ「自分の感情線と比較」してみればいいのです!

例えば、自分と相手の感情線がどちらも長い場合は、お互いにゆっくりと関係を深めていくのが好きなハズなので、あせって恋を台無しにしてしまうこともありません。逆に、自分と相手の感情線が短い場合は、お互いに感情を表に出すタイプなので、言いたいことが言えて、すれ違いが起こることも無いでしょう。

自分や相手の感情線を見ることは、お互いを知る上では良いことですが、大切なのは相性です。お互いの感情線を見比べて、自分に合ったパートナーを見つけましょう。

参画ドクター3468名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 倉富英治
  • 西川礼華
  • 足立安章
  • 中城基雄
  • 加藤雄大
  • 西山 智広
  • 梅田和徳
  • 大西勝

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.