1519名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

メンズヘアカタログ

正しいワックスの使い方「ショートヘア編」

更新日:2016/12/14

カットを活かす正しいワックスの使い方「ショートヘア編」

皆さんは、仕事に行くときや、遊びに行くときヘアセットに何を使いますか? 毎日使う方でも、意外と正しいワックスやジェルの使い方を知らない方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ワックスの正しい使い方について、PEEK-A-BOOのスタイリストさんがレクチャーします。

正しいスタイリング剤の量

はじめに、ワックスとジェルを100円玉くらい手に取ります。このふたつを手の平でよくかき混ぜ合わせます。

ワックスとジェルを混ぜて使うことで、髪の毛にワックスの動きと、ジェルのツヤを出すことができます。最初からあまり出しすぎずに、途中で整髪料が足りなくなったら、付け足すようにしましょう。

ワックスを付ける順番

はじめに後頭部から上に向かって、ワックスを付けましょう。後頭部は髪の毛の量が多く、多めのワックスが必要です。さらに襟足は広がりやすい場合が多いので、先にワックスを付けて、押さえるようにしましょう。

逆にトップは、最初に手に取ったワックスの量では多過ぎます。そのため、後頭部→サイド→トップの順番でスタイリングすることをオススメします。

サイドは意外と重要!

ショートヘアの場合、サイドのスタイリングでは、「流れ」を作ることがポイントになります。トップや、後頭部に比べて簡単に思われがちですが、実は髪の毛全体のバランスを整えるために重要です。

サイドの毛はワックスをくしゃくしゃと揉み込むようにつけて、流れを作ると自然にスタイリングできます。

トップは正面から見て「ひし形」になるように!

次にトップです。トップは、髪と髪の間に空気を含ませるようなイメージで、髪の毛の根元から起こすようにスタイリングをしましょう。このとき、髪の毛をねじると、束の感じが出てスタイリングしやすくなります。

※髪の毛の根元にスタイリング剤を付けすぎると、ペタッとしてしまうので、注意しましょう。

屋外ではスプレー必須!

最後に、屋外でのデートや、仕事で外に出る人などはキープorハードスプレーをかけると、整えた髪を長い時間キープすることができます。朝にスタイリングをしても、夕方にはペタっとしてしまうという方にもオススメです。一日中、屋内にいる方は、スプレーなしでもOKです。

スタイリングで印象はこんなに変わる!

正面(before → after)

サイドbefore → after

バックbefore → after

今回使用した商品

今回のスタイリングで使用した商品はコチラ

・アリミノ ピース プロデザインシリーズ フリーズキープワックス 2000円(税抜)
・アリミノ BSスタイリング フリーズキープ ジェル 1500円(税抜)
・アリミノ BSスタイリング フリーズキープ スプレー 1500円(税抜)

ヘアサロン紹介

今回、撮影にご協力頂いたサロンはコチラ

PEEK-A-BOO オリンピア 原宿
https://tiful.jp/hair/salon-parent-g1001054/salon-s1003083/

参画医師1519名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 下瀬川雅子
  • 松下博明
  • 吉田靖志
  • 田中牧恵
  • 西村雄
  • 木塚雄一郎
  • 梶山典彦
  • 小林弘幸

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.