5182名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

間違った髭剃り方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

この髭剃り方法は間違っている

一般的に髭剃りは自己流であるため、正しく剃れているかどうかわからないという方が多いと思います。髭剃り後、肌にヒリヒリ感があったり、出血することがあれば、髭剃りの方法が間違っているのかもしれません。以下のような剃り方をしていないか、チェックしてみましょう。(カミソリで剃る場合に限ります。)

夜、浴室で髭を剃る

夜は肌が疲れていて状態が悪いため、髭剃り負けを起こしやすくなります。そのため、髭を剃るタイミングは肌が元気な朝がベストです。ただし、起きてすぐは顔がむくんでいるため、10~20分後、血行がよくなってから剃りましょう。また、剃った部分が湯船につかると、傷ついた皮膚に雑菌が侵入し、炎症を起こす場合があるので、浴室で剃るのも避けましょう。

素肌をいきなり剃り始める

素肌のまま肌に何もつけずに剃り始めるのもNGです。髭が硬い状態では抵抗が大きいため、力を入れ過ぎてしまいます。また、皮膚も削りやすくなるため、肌にかかるダメージも大きくなります。

剃る前は、洗顔をして皮脂や汚れを取り除いた後、蒸しタオルをあてて肌と髭に十分に水分を与えましょう。こうすることで髭がやわらかくなり、剃りやすくなります。次に、シェービング剤を髭につけて30秒ほどおきます。時間をおくことで、シェービング剤が肌と髭に浸透して髭がよりやわらかくなり、カミソリの滑りもよくなります。

最初から逆剃りをする

髭は、毛の生えている方向に沿って剃るのが基本です。いきなり逆向きに剃ると、皮膚にカミソリが引っかかって肌を傷つけてしまいます。全体を剃り終えて、剃りきれなかった部分だけ逆剃りしてください。

剃った後、そのまま放置する

正しい方法と手順で髭を剃っても、肌への負担がまったくなくなるわけではありません。そのため、剃り終わった後のアフターケアがとても大切になります。アフターケアを怠ると、肌が乾燥したり、傷ついた肌に細菌が侵入して肌トラブルを起こしやすくなります。めんどうくさがらず、化粧水やアフターシェーブローションなどでしっかり肌を整え、健康な肌を保つよう心がけましょう。

いかがでしたでしょうか?ご自身にあてはまる部分はありましたか?明日からでも間違った方法と手順を見直し、トラブルの回避に努めてください。

ピックアップ特集

参画医師5182名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 藤本雅史
  • 須田陽一
  • 金子章子
  • 中井正基
  • 川島栄吉
  • 中村大輔
  • 竹内 孝基
  • 佐藤もも子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.