1526名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

髭剃り後に肌が赤くなる理由

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

髭剃り後に肌が赤くなるのはなぜ?

髭剃り後に肌が赤くなった経験がある方は、少なくないと思います。しかし、なぜ赤くなるのかについて知っている方はそれほど多くないのではないでしょうか?

髭剃り後に肌が赤くなるのは、カミソリの刺激で肌が火照っているからです。また、カミソリの刃をあてた肌の角質層がはがれて炎症を起こした場合も赤くなり、肌の弱い方は、かゆみやヒリヒリをともなうこともあります。このように、実は髭を剃るたびに肌はダメージを受けているのです。

通常、髭剃りによって傷ついた肌は数日で治りますが、毎日髭を剃っていると症状は悪化していきます。そして、傷口から細菌が侵入して皮下で毛嚢炎(もうのうえん)を起こすと、赤いぶつぶつができてしまいます。

赤みを軽減させる方法

では、どうしたら髭剃りによる肌の赤みや、その後の悪化をなくすことができるのでしょうか?

肌が赤くなるのをなくすには、髭剃りによる肌ダメージを軽減させる必要があります。そのためには、剃り方はもちろん、剃る前と後のケアをしっかり行うのも大切です。以下に、カミソリで剃る場合に注意したい点についてまとめました。

髭を剃る前

剃る前には、髭と肌に水分をたっぷり与えてやわらかくしておきましょう。これには、洗顔後、蒸しタオルで髭を覆って肌を温める方法が効果的です。髭がやわらかくなったら、シェービング剤をつけます。カミソリの動きがスムーズになり、肌が受けるダメージが軽くなります。

剃る時

剃る時は、髭が生えている方向に向かって剃ります。始めから逆方向に剃ると、髭と一緒に皮膚を持ち上げてしまうため、角質を削りとってしまいます。ただし、全体を剃り終わった後、剃り残した部分があれば、髭が生えている方向と逆に剃って仕上げます。このとき、カミソリの刃と皮膚ができるだけ触れ合わないように注意しましょう。

剃った後

髭を剃った後は、肌についた髭やシェービング剤などを洗い流した後、冷水ですすぎ、毛穴を引き締めましょう。こうすることで、赤みが軽くなります。さらに、化粧水で保水、乳液または美容液で保湿することで、肌の乾燥を防ぎます。

最後に、道具のお手入れも忘れないようにしましょう。刃が劣化して切れ味が悪くなったカミソリを使っていると、肌が傷つきやすく、細菌が入って炎症を起こす場合もあります。カミソリの刃は、7日間を目安に交換してください。

以上のことに気をつけていても肌が赤くなってしまう方は、肌が弱い可能性があるため、髭剃りそのものが必要なくなる脱毛を検討してみることをおすすめします。

※電気シェーバーで髭を剃る場合の注意点については、『電気シェーバーの正しい使い方』をご覧ください。

今すぐ読みたい

注目情報

参画医師1526名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 永山幸
  • 森田祐二
  • 春山いずみ
  • 山本雅之
  • 小柳衣吏子
  • 中辻隆徳
  • 八杉悠
  • 長瀬大蔵

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.