3468名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

電気シェーバーと普通のカミソリのメリット・デメリット

更新日:2016/12/09

電気シェーバーのメリットとデメリット

電気シェーバーは、外刃を肌にあてて髭を押し出し、皮膚から飛び出した毛を内刃でカットする方法で髭を剃るのが特徴です。刃の枚数やお手入れ方法の違いなどによっていくつかの種類がありますが、全てに当てはまる一般的なメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

・カミソリに比べて肌を傷つけにくいため、肌が弱くて肌荒れしやすい人でもトラブルを起こしにくい。

・髭を濡らさないで剃れるため、場所を選ばず手軽に短時間で剃ることができる。

・刃の交換頻度が少ない。(外刃1年、内刃2年)

デメリット

・剃った後にザラザラした感触が残りやすいため、ツルツルに剃りたい人は物足りなさを感じる。また、髭が濃い人、多い人、伸びるのが早い人には向かない。(ただし、近年カミソリと同様にシェービングジェルやフォームを使ってウェット剃りができるタイプも出てきたため、深剃りが可能なものもあります。)

・髭剃り前に塗るプレシェーブローションには、殺菌作用のあるエタノールが含まれるため、体質に合わないと肌が荒れる危険性がある。

・細かい部分や、細い毛などの剃りにくい毛は、うまく剃れない場合がある。

・使用後、シェーバーを洗浄したり注油するなどのお手入れが面倒。

・T字カミソリと比べると高価。

カミソリのメリットとデメリット

髭剃りに使われるカミソリは、T字型のタイプが主流です。刃の枚数は2~5枚で、枚数が多いほど肌へのあたりがやさしいです。ただし、電気シェーバーに比べると、肌ダメージを受けやすいのは否めません。では、カミソリで髭を剃る場合のメリット・デメリットはなんでしょうか?

メリット

・深剃りができるため、髭が濃い人、多い人、伸びるのが早い人でも比較的キレイに剃れる。

・細かい部分もキレイに剃れる。

・電気シェーバーより安価。

デメリット

・電気シェーバーよりも肌との摩擦が大きいため、肌にダメージを与えやすい。

・慎重に剃らないと、肌を傷つける可能性がある。

・剃る前に髭をやわらかくする必要があるため、洗顔や蒸しタオルの使用、シェービング剤の塗布など、手間がかかる。

・刃の交換頻度が多い。(一週間に1回)

双方にメリットとデメリットがありますが、どちらも少なからず肌にダメージを与えることには変わりありません。肌が弱くて肌荒れが気になる、髭が濃くて伸びやすい、1日2回(朝と夕方)髭を剃るという方は、脱毛を考えるのも一案だと思います。髭剃りによるさまざまなストレスから解放されるので、一度検討してみることをおすすめします。

ピックアップ特集

参画ドクター3468名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 髙岩真理
  • 星野舞
  • 中﨑恵美
  • 尾山修一
  • 川端久雅
  • 田中宝
  • 友利新
  • 對馬彰利

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.