1450名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

ヒゲ剃り用ジェルの選び方・使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

ジェル選びのポイント

ヒゲを剃る準備に必要なシェービング剤には、ジェルのほかフォーム、クリームワックス、オイルなどさまざまな種類があります。ジェルは透明で、肌につけたときに剃る部分がよく見えるため、ヒゲが剃りやすくなります。

また、フォームなどに比べてカミソリの刃が滑りやすく、刃と肌との摩擦が少なくてすむので、ヒゲを剃った後にヒリヒリ感がでたり、出血するなどのヒゲ剃り負けを起こしにくくなります。

ジェルは、ヒゲを剃るたびに肌につけることになります。そのため、無香料、無添加で、アロエエキスなどの保湿成分や、ヒアルロン酸などのうるおい成分が配合されているなど、頻繁に使っても安心できる肌にやさしいタイプを選びましょう。特に肌の弱い方には、低刺激性のものがおすすめです。

また、日常的に購入しやすい価格で、近所のドラッグストアなどにおいてあるものがよいでしょう。たくさん種類がありすぎて迷う場合は、まずは化粧品メーカーやカミソリメーカーが販売しているジェルを試してみるのもいいと思います。

ヒゲ剃り用ジェルの使い方

洗顔後、蒸しタオルなどをあててヒゲをやわらかくしたら、ジェルを適量手に取り、ヒゲを剃りたい部分へつけて均等に伸ばしていきます。肌の面積の広い部分からつけていくとよいでしょう。ヒゲ全体につけたら、30秒ほどおいてさらに、ヒゲをやわらかくします。

ヒゲは、面積が広くてヒゲがやわらかい、もみあげや頬のあたりから剃り始めましょう。あごや口周りなど、ヒゲが硬い部分は後回しにして、ジェルがヒゲに浸透してから剃ることで、肌を傷つけずにキレイに剃れます。

剃り終わったら、肌に残っているジェルを水ですすぎ、落とします。ジェルを使っても肌は多少荒れてしまうため、ごしごしこすったりしないように気をつけましょう。

注目情報

参画医師1450名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 髙岩真理
  • 飯田秀夫
  • 土屋沙緒
  • 出口正巳
  • 張賢二
  • 松村圭子
  • 高野洋一
  • 山崎智徳

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.