3071名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

シェービングクリームを使ったヒゲ剃りの仕方

更新日:2016/12/09

シェービングクリームを使った正しいヒゲ剃り方法とは?

ヒゲをやわらかくして、カミソリのあたりをスムーズにするシェービング剤。なにもつけずにヒゲを剃るよりも、肌にかかる負担を軽減できます。シェービング剤には、クリーム、フォーム、ジェルなどさまざまな種類がありますが、今回はスキンケア効果の高いクリームの使い方を紹介します。

シェービングクリームの使い方

顔を洗った後、蒸しタオルをヒゲにあてます。ヒゲがふやけたら、クリームを適量手に出してヒゲを剃りたい部分に伸ばします。その後30秒ほどおき、ヒゲをやわらかくします。

ヒゲの生えている方向に沿って上から下へ剃っていきましょう。4、5回剃ったら刃をゆすいで、ヒゲのカスや余分なクリームを洗い流します。あごや口周りなどの剃りにくい部分は、クリームをより浸透させるため、最後に剃ります。全体を剃り終えてチェックし、剃り残した部分があったら、クリームを再度つけて、今度はヒゲの生えている方向とは逆に剃って仕上げます。

ヒゲを剃り終わったら、流水で洗顔して肌に残ったクリームや皮脂を落とします。そして、化粧水などをつけて肌を整えます。カミソリでのヒゲ剃りは皮膚の表面も削るため、肌は敏感です。化粧水だけでは乾燥するため、乳液や美容液などで保湿も行ないましょう。

シェービングクリームを顔にのせて泡立てる

次に、シェービングブラシで泡立てて使う方法を紹介します。準備するものは、シェービングクリーム、ソープ・ディッシュ(クリームを入れるカップ)、シェービングブラシの3点。

まず、シェービングクリームとぬるま湯をソープ・ディッシュに入れてクリームを溶き、シェービングブラシをお湯に押しつけます。ブラシを肌の上にのせ、円を描くように伸ばしていくと、泡立っていきます。頬の上、首、あごの下、口周りなど、ヒゲを剃る部分全体に泡を行き渡らせましょう。ブラシを使うことで毛穴の奥の汚れがとれたり、ヒゲの奥まで水分を浸透させることができるため、肌にやさしい深剃りが可能となります。

刃をすすぎながらヒゲの生えている方向に剃っていく

ヒゲを剃る部分全体に泡がのったら、面積の広い頬から剃り始めます。ヒゲの剃り方とアフターケアの手順は、上記「シェービングクリームの使い方」と同様です。

注目情報

ピックアップ特集

参画ドクター3071名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 水谷和則
  • 大島玄
  • 今井邦彦
  • 近藤紀子
  • 森本亜玲
  • 千明美保
  • 力丸英明
  • 浪川浩明

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.