1451名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

医療脱毛とは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

医療脱毛とは

医療脱毛とは、医療機関で行われる脱毛のことで、おもにレーザーや電気針による脱毛を指します。医療用として厚生労働省に認可された機器を使用し、医師の管轄のもとで行うため、強い出力での施術が可能となり、効果が高いのが特徴です。

医療レーザー脱毛は、黒色に反応するレーザーを照射することで毛根を破壊する方法です。医療用レーザーは出力の調整が細かく設定できるので、その人に最適な設定での施術をすることができます。敏感肌、アトピー性皮膚炎など皮膚の弱い人でも安心といえます。

電気針を使った脱毛は、毛穴に針を刺し、電気を流すことで毛根を破壊する方法です。レーザーでは反応しない産毛や白髪にも対応可能ですが、痛みはかなり強く、1本1本の施術となるので時間がかかります。

医療脱毛とエステ脱毛との違いは、使用する機械や出力の差。エステで使用する機器は多くの場合医療機器ではないため、強い出力を出すことができません。エステでの脱毛が、完了までに時間がかかるのはそのためです。ただし出力が弱い分、痛みは少なくてすみます。

医療脱毛のメリット・デメリット

一番のメリットは、医師による施術という安心感でしょう。皮膚の状態をきちんと判断した上で、それぞれに合った方法と微妙な出力調整で最適な脱毛処理をしてくれます。

万が一トラブルが起きた場合も、医師の適切な治療を迅速に受けられます。医療機関ならではの衛生管理も安心です。

出力が強い分、脱毛完了までの回数が少なく、短い期間ですむのも魅力です。

デメリットは、出力が高い分、痛みが強いこと、施術後の反応が強く出ることなどです。赤みやヒリヒリ感、炎症、むくみなどの症状が出ることがあり、場合によってはすぐに医師の診察を受ける必要があります。

また、施術後1か月は、日焼けや摩擦により色素沈着を起こす可能性もあるので、日焼け止めを塗る、皮膚を擦らない、清潔に保つなど、日常的なケアが不可欠です。

なお、医療レーザーは地黒の肌や、ほくろ、アザなどにも反応してしまうため、照射できない場合があります。さらにまれに「硬毛化」や「増毛化」などの症状を引き起こすことがありますが、継続照射を行うことで脱毛できるといわれています。

注目情報

参画医師1451名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 澤田彰史
  • 竹田公英
  • 古澤雅史
  • 高野邦雄
  • 加藤雄大
  • 梶原朋恵
  • 市川明子
  • 佐藤薫

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.