1441名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

加齢臭は予防できる?

更新日:2017/08/22 公開日:2014/12/26

  • この記事の監修ドクター

  • メンズスキンケア大学参画ドクター

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

毎日のケアで加齢臭予防

加齢臭を予防するためには毎日きちんとケアすることが重要です。自分でできる加齢臭対策としては、以下のものがあります。

脂肪酸を減らす

加齢臭の原因物質であるノネナールは、酸化した脂肪酸である過酸化脂質と9-ヘキサデセン酸が、分解されることで生成されます。加齢臭を押さえる方法の一つに、皮脂内の脂肪酸を減らすという方法があります。そのため、日常生活の中では揚げ物などの油っぽい食事を控え、脂質を減らすため有酸素運動を行うことが有効です。

ノネナールについては『加齢臭の原因物質、ノネナールとは』の記事を参照ください。

バスタイムは念入りに

加齢臭の予防で心がけたいことは、毎日のバスタイムでも、シャワーではなく湯船に浸かり毛穴を開かせてから体を洗うことです。加齢臭対策用のソープを使用するとより効果は高まります。

体を洗うときは、ゴシゴシこするのではなく、よく泡立ててから首や耳裏、へそ周辺、陰部、背中など皮脂の出やすいところを重点的に優しく洗うのがおすすめです。

皮脂の出やすい頭皮はシャンプーを行う際に皮脂を揉み出すように洗うと毛穴の奥に詰まった汚れが落ちやすくなります。

また、加齢臭の大きな原因になっているノネナールは、湯船につかったりボディシートなどでこまめに汗を拭きとったりすることでにおいの強さが変わってくるといわれています。さらに、ノネナールは普通の洗濯では簡単に洗浄しきれないため、同じ服を着まわさないという対策も重要です。

抗酸化物質を多く含む食品を摂取する

9-ヘキサデセン酸の酸化、分解を防いでノネナールの発生を抑えるには、抗酸化力の高い食品を意識して摂取することが有効と考えられています。ポリフェノールを多く含む食品や抗酸化作用の高いリコピンを多く含むトマト、毒素の排出を促進し血中脂肪を低下させる働きを持つニンジンなどがおすすめです。

活性酸素を除去する

活性酸素は体を酸化させる原因と考えられています。老化の原因ともいわれ加齢臭にも深い繋がりをもっている可能性が示唆されています。活性酸素とは、体内に取り込まれた酸素が変化してできる物質であり、人間の体内には必ず存在するものです。

しかし、活性酸素が増加すると生活習慣病などさまざまな病を引き起こす原因になる可能性があることが示唆されています。活性酸素を増加させないためには「ストレスを溜め込みすぎないこと」「タバコを吸い過ぎないこと」「アルコールを飲み過ぎないこと」が重要と考えられています。また、激し過ぎる運動も体内に酸素を取り込み過ぎてしまうとされるため、避けた方がいいでしょう。

衣服のにおいにも注意

加齢臭予防では、身体のケアだけでなく、衣服へのケアも重要です。衣服に染み付いた加齢臭は、普通に洗濯するだけではなかなか取れません。丁寧に洗濯をしないと、繊維の奥まで加齢臭が染みつき取れなくなってしまします。これは繊維に残った皮脂が酸化しノネナールになってしまうからです。

ノネナールのもとになる皮脂を洗浄する方法として、酵素用漂白剤でつけ置き洗いをすることをおすすめします。においの強いところ(襟など)に酵素用漂白剤を直接つけ、40度程度のお湯に洗濯洗剤を溶かし、30分~2時間程度つけておきましょう。その後は普通に洗濯してかまいません。また、頻繁に洗濯ができないスーツやコートなどは、こまめにクリーニングに出すようにすることをおすすめします。

健康的な生活を心がけることが、加齢臭予防の第一歩

加齢臭を予防するための方法はほとんどライフスタイルの中にあると言えます。加齢臭予防の要は健康を意識することです。健康的な生活を送ることがそのまま加齢臭の予防に繋がるので、毎日健康的な生活をするように心がけましょう。

注目情報

参画医師1441名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 林和弘
  • 椎野芳郎
  • 谷川知子
  • 坂東行洋
  • 齋藤昌美
  • 臼井洋
  • 石原信浩
  • 石曽根亜希

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.