2600名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

男の敏感肌のための保湿クリームの使い方・選び方

更新日:2016/12/09

敏感肌には保湿が大切

健康的な肌は、皮膚の一番外側にある「角質層」がしっとりとうるおい、さらにその上を皮脂と汗でできた「皮脂膜」が天然のクリームのように覆っているので、外界の刺激が肌の中に侵入したり、皮膚内部の水分が蒸発したりするのを防ぐことができます。

しかし、敏感肌の人の肌は、こういった肌のバリア機能が低下しているので、ちょっとしたことが刺激になり、肌トラブルを起こしやすいのです。

このため、敏感肌を改善するためには、化粧水や美容液で、角質層に保湿成分を与えるとともに、仕上げクリームで、皮膚の表面をコーティングし、刺激が肌に入り込んだり、水分が蒸発するのを防いだりすることが大切です。

乳液ではなくクリームを使おう

肌に油分を補うアイテムといえば、クリーム以外に乳液もあります。クリームと乳液の違いは、水分と油分のバランスだけ。

油分が多く、こってりしているのがクリーム、水分が多く、さらっとしているのが乳液なので、本来であれば、使い心地の好みに合わせて、好きな方を選んで構いません。しかし、敏感肌の人は、クリームを選んだほうが無難です。なぜなら、ほとんどの乳液には、「乳化剤」が含まれているからです。

乳化剤とは、水分と油分を混じり合わせるために使われる界面活性剤のひとつで、一般的に肌に良くないものが多いといわれています。乳液に使われる乳化剤には、それほど強い脱脂力がないといわれているため、一般的な肌の人が使う分には、問題がないかもしれません。

しかし、バリア機能が低下している敏感肌の人が使うと、肌への刺激になる可能性が十分に考えられるのです。

このため、敏感肌の人は、乳化剤不使用の保湿クリームを選びましょう。合わせて、香料や着色料などの添加物も入っていない低刺激な製品を選ぶのがオススメです。

クリームをつけるときのポイント

敏感肌の人は、クリームをつける前に、少し温めてやわらかくしましょう。そのままだと伸びが悪く、肌をこすってしまいがちだからです。ボトルから手に取ったら、まずは両手のひらで、軽くすり合わせるようにして人肌に温め、それから肌にやさしく伸ばしていきます。

注目情報

ピックアップ特集

参画ドクター2600名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 榮仁子
  • 中村惠子
  • 梅田和徳
  • 皆木靖紀
  • 池田欣生
  • 木下正嘉
  • 松田朋子
  • 下田有華

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.