1450名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

電気シェーバーによるカミソリ負け

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/12

電気シェーバーでもカミソリ負けするなら

髭を剃るときは、カミソリよりも、電気シェーバーを使った方が、カミソリ負けを起こしにくくなります。これは、電気シェーバーの場合は、髭を引き込んでカットするので、皮膚に直接、刃が触れにくいからです。

しかし電気シェーバーでも、人によっては、カミソリ負けを起こしてしまうことがありますね。そんな人は、肌にやさしい「回転式」の電気シェーバーに、変えてみると良いかもしれません。

また、意外と忘れてしまいがちなのが、電気シェーバーの刃も消耗するということ。カミソリと同じで、電気シェーバーの刃も毎日使っていると劣化していきます。切れない刃で髭を剃ると、カミソリ負けを起こしやすくなるので、定期的に刃を交換しましょう。

製品によっても違いますが、回転式の場合は2年ごとに、往復式の場合は外刃を1年ごとに、内刃を2年ごとに交換することが勧められています。

正しい電気シェーバーの使い方

電気シェーバーで、カミソリ負けを起こしてしまうのは、剃り方に問題がある可能性もあります。そこでここからは、電気シェーバーを使ったドライシェービングの正しい方法をご紹介していきます。

(1)髭を剃る前に、電気シェーバー専用のプレシェーブローションを使いましょう。プレシェーブローションには、滑りを良くするだけでなく、毛穴を引き締めて髭を根本から立たせ、剃りやすくする効果があります。

(2)髭を剃るときは、電気シェーバーのヘッドを肌に対して垂直に当てます。そして、もう片方の手で、ヒゲが立つように顔の皮膚を伸ばしながら、ゆっくりと電気シェーバーを肌の上で滑らせるように動かし、逆剃りしていきます。このとき、深剃りしようして、強く押しつけ過ぎると、肌を傷つける原因になるので注意しましょう。

(3)剃り終わったら、ぬるま湯で顔を洗い、保湿化粧水や乳液で肌をしっかり保湿します。化粧水ではなく、アフターシェーブローションを使うときは、アルコール(エタノール)やメントールが入っていないものを選びましょう。これらの成分は、刺激が強いので、肌を乾燥させる原因になります。

電気シェーバーと普通のカミソリのメリット・デメリットについては、コチラをご覧ください。

注目情報

参画医師1450名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 髙岩真理
  • 飯田秀夫
  • 土屋沙緒
  • 出口正巳
  • 張賢二
  • 松村圭子
  • 高野洋一
  • 山崎智徳

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.