1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

中村静香の「男の恋愛相談室」

「ごめんなさい」より効果的?不倫発覚後のヨリの戻し方

更新日:2017/10/17

男性が浮気や不倫をしても、男の甲斐性だからって風潮ありますよね? 女性も高級ジュエリーやブランドバッグの「お詫び」で、許すことも多いです。でも女性が同じことをした時、男性は「モノ」では許してくれません。

「不倫=離婚」じゃないから

そもそも不倫というのは、大切にする家庭があったり、恋人という「軸」があってこそ。
その軸からいそいそとよそへ出かけ、また戻るわけです。この時にバレてしまうと、さまざまな修羅場が発生します。若いとそのまま「別れる」という選択肢も出てきますが、結婚しているとそうもいきません。

今や2割弱の女性が、パート先やスポーツクラブなどで出会った男性や、同窓会で再会した人と浮気しているんだとか。不倫=離婚じゃないから、なんとか修羅場回避をしたいものです。

「ごめんなさい」はその後の関係に響く?

ほんの火遊び、甘いひと時のつもりが、夫にバレてすぐしちゃいがちなのが、平謝り。でもちょっと待って!謝りすぎは、男性の「責めまくり爆弾」の導火線に火をつけるようなもの。

「ごめんなさい」「私が悪いの」などと言ったら、「上」と「下」、「主」と「従」という関係がずっと続きかねません。男性は根に持って、元のような関係にはなりにくいのです。「え、うそでしょ?」と信じられないかもしれませんが、夫のせいにするほうが男性も許しやすいようです。

「あなたのせいよ」が効く理由

妻側が悪いことは、男性にとって惨めなこと。実はプライドが傷ついてしまうのです。だから「浮気をしたのは、あなたのせい」が効果的。男性の自尊心が保てるからです。

<ヨリを戻す台詞>

「浮気をしたのはあなたのせい」
「あなたがかまってくれないから、寂しかった」
「あなたがほっとくから、女としての自信を持ちたかった」

<傷ついた自尊心を埋める台詞>

「やっぱりあなたが一番素敵」
「やっぱりあなたでなくちゃ、私はだめみたい」
「あなたに一番愛されたかった」

などと言って、「不倫相手より上」という勝利の気持ちを持たせましょう。

「俺が悪いんじゃ仕方ないか」と思ってくれればしめたもの。男性の自尊心を大切にすれば、元のラブラブで居心地のいい関係に戻れるかもしれません。

なるべく穏便に「元サヤ」に戻りたい女性はぜひ試してみてくださいね。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 大原奈津恵
  • 吉種克之
  • 大津千知
  • 古山登隆
  • 川端愛子
  • 長谷川裕之
  • 山本雅之
  • 正木健太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.