1429名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

メンズコスメの選び方~ハンドクリーム~

更新日:2017/02/16 公開日:2015/01/23

今や男性だってハンドクリームが必須の時代です。今回は手の悩み別によるハンドクリームの選び方をご紹介します。

ハンドクリームに含まれる代表的な成分

ハンドクリームには下記のような成分が含まれ、それぞれ効果が違います。

  • ヒアルロン酸:皮膚内で水分を保つ働きがあります
  • セラミド:細胞間脂質を構成して、水分を逃がさない働きをしています
  • ビタミンE:毛細血管を広げて血流をよくする働きがあります
  • 尿素:水分を引き寄せて、水分の膜を作ってバリアとして働きます

症状で選ぶハンドクリーム

書類などを触っていると、手の水分が奪われて指紋がなくなったように乾燥してしまったという声も聞かれます。また、スマホの液晶タッチの反応が鈍くなるなどの影響も出てくるそうです。そこで症状別のハンドクリーム選びのポイントを紹介します。

指先がツルツルでビニールなどが開けない

「スーパーなどのビニール袋がなかなか開けられない」状況は、手の乾燥の初期症状です。これをそのままにしておくと、かゆみが出てきたりして、さらに症状は悪化してしまいます。早めのケアを行いましょう。

・保湿系成分のハンドクリームがおすすめ

保湿系成分である「ヒアルロン酸」や「セラミド」などが配合されたハンドクリームがおすすめです。

ひび割れ、あかぎれでヒリヒリを感じる

「ひび割れ、あかぎれでヒリヒリを感じる」状況は、手の乾燥では重症です。ひび割れが進行してあかぎれになると、炎症や出血なども見られるようになります。日常生活にも支障が現れるので、早めに治療しましょう。

・ワセリンやビタミンE配合のハンドクリームがおすすめ

痛みがある場合は、刺激の少ない「ワセリン」などで保湿しましょう。また、「ビタミンE」などが配合されたビタミン系ハンドクリームを選ぶといいでしょう。滞ってしまった血行をサポートしてくれます。かゆみが気になるときは、皮膚科を受診することをおすすめします。

触るとガサガサしていて、ニットなどにひっかかる

手だけでなく、かかとやひじなども気付けばガサガサで、靴下や洋服の脱着時にひっかかって痛いといった状況もあるでしょう。こうした場合にも手のケアが必要です。

・尿素配合のハンドクリームがおすすめ

そのようなひどい状態のときは、角質を柔らかくしてくれる尿素配合のクリームを選びましょう。さらに、その上から手袋や靴下を着用すると、保湿効果がさらに高まります。

塗り方の手順について

自分に合ったハンドクリームを見つけたらさっそく塗りましょう。塗り方の手順は下記のとおりです。

  1. 成分をしっかり肌に届けるために手のひらに出すとよいでしょう
  2. マッサージするようにクリームを伸ばしながら、肌にしっかりなじませます
  3. 最後に特に乾燥する指先をマッサージしてあげましょう

塗り方の注意点について

ハンドクリームを塗るときは、ゴシゴシと手をこすり合わせる必要はありません。ゆっくりとなじませるようにすることで、ハンドクリームの成分が行き届きやすくなります。

ハンドクリームは症状別に選びましょう

ハンドクリーム選びのポイントは症状にあわせてクリームを選ぶことにあります。ここでは3つの症状を紹介して、それぞれに有効なハンドクリームの成分を紹介しました。もし、ハンドクリーム選びで困ったら、これらを参考にするといいでしょう。

メンズコスメの選び方の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師1429名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 湯浅有礼
  • 望月正史
  • 菅原奈津子
  • 大久保真
  • 福増一浩
  • 本田賢治
  • 北山英美子
  • 田中宏典

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.