1425名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

島田秀平の「開運手相」

【島田秀平が占う】あなたはツイてる?ツイてない?「受験前に見るべき手相、3つ」

更新日:2015/02/06

2月には各地の大学で、二次試験が始まります。これまでの受験とは違い、人生を大きく左右する可能性もある、重要な季節です。あなたや、あなたの周りにも、受験勉強に励んでいる人がいるのではないでしょうか?

そこで今回は、受験前にチェックしておきたい手相を3つご紹介します。

受験の女神は微笑むか? 勝負事に強いとされる「勝負線」

「(1)勝負線」とは、頭脳線と感情線を繋ぐように、横向きに伸びる線のことです。この線が出ている人は、勝負事に強いとされており、受験でも良い結果が出せるでしょう。

受験する学校で迷ったときや、問題の選択肢で迷ったとき、きっとその勝負線が後押しをしてくれますから、高い目標にも臆せず、安心して受験に望んで下さい。

余談になりますが、勝負線は別名「変則ますかけ線」とも呼ばれ、受験だけでなく、全ての勝負事に強いとされています。そのため、なにか新しいことにチャレンジしようと思っている人も、この勝負線が出ていたら、すぐに始めてみることをオススメします。

出てたらマズい!?「呼吸器注意線」と「消化器注意線」

もうひとつ、受験シーズンに注意したいのが風邪などの病気です。一生懸命勉強しても、当日に体調不良で力を発揮できなかったら、悔しいですよね。そこで、見ておきたいのが、「(2)呼吸器注意線」と、「(3)消化器注意線」です。

まず呼吸器注意線は、人差し指の付け根の、生命線の入口部分を指します。ここに短い線が何本も出て、生命線が乱れている場合、呼吸器に異常が出る可能性があります。いま咳が出たり、たんが絡んだりしていませんか? 夜遅くまで勉強するのは避け、いまからゆっくり体を休めて、試験当日までにしっかり治しておくことをオススメします。

もうひとつが消化器注意線と言って、手首の付け根、生命線の出口付近を指します。ここに短い線が何本も出て、生命線が乱れている場合、消化器が弱っている可能性があります。当日、腹痛に悩まされることも考えられるため、試験の前は食べるものに気をつけて、体を冷やさないように注意しましょう。

本人ではなく、家族や友人が代わりに合格祈願のお参りにいくのはアリ?

合格祈願のお参りは、本人が行かなければいけないというわけではありません。大学受験などでは、受験する本人以外に、親戚や友人が神社へお参りにいくことがあると思います。

「本人が合格祈願をしなければいけないのではないか?」という人がいます。しかし、これは問題ありません。お参りで大切なのは、その人のことを想ってお参りに行く事です。前回ご紹介した「島田秀平オススメのお参り方法」を参考に、お守りなどをプレゼントするのはいかがでしょうか?

参画医師1425名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 辻直樹
  • 内川晶氏
  • 桐渕英人
  • 内田佳孝
  • 津田智幸
  • 齋藤昌美
  • 北川哲太郎
  • 瀬川春奈

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.