1419名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

中村静香の「男の恋愛相談室」

付き合ってすぐの遠距離恋愛。不安とさみしさの中で喧嘩の増える二人の未来は!?

更新日:2017/10/26

恋愛の一番楽しい時期、告白直後から遠距離恋愛をすることになってしまった二人。浮気の不安と常に感じるさみしさの中で、どんどん喧嘩が増えていきます。ついには携帯電話の電源を切ってしまう彼。二人に未来はないのでしょうか。

告白直後から遠距離恋愛!?

彼女が彼に出会ったのは、新卒で入社した小さな会社でした。部署は違ったものの、優しくて人見知りの彼女にもフレンドリーに話しかけてくれる彼にどんどん惹かれていく彼女。気持ちを抑えきれなくなった彼女は、バレンタインの日にチョコレートを持って彼に自分の思いを伝えました。「ずっと好きでした、付き合ってください!」彼の返事はOK。

喜びに打ち震えた彼女でしたが、彼の次の言葉に絶句してしまいました。「来月から東京の営業所に転勤することになっているんだ」そうは言われても諦めきれない彼女は、遠距離恋愛を決意します。初デートから3日後に始まった遠距離恋愛でした。 

募る不安とさみしさ。喧嘩が増えていく…

それまでは毎日会社に行けば顔を見ることができていたという状態から、一気に週に1度ほどしか電話もできないような状況へ。彼の存在を励みに仕事を頑張っていた彼女にとっては、本当に光がなくなってしまったかのような日々でした。一方で彼にとっても初めての転勤。さみしがる彼女の気持ちは重々分かっていましたが、かまってあげられる余裕もありません。

やっと時間を作って電話をしても、いつの間にか喧嘩になっている…そんな日々が続きました。メールがすぐに返ってこなくなった、電話の声が迷惑そう。小さなことが重なって、彼女は彼を問い詰めてしまいます。「浮気しているんでしょう?!」 

携帯電話の電源も切られた。もうダメなのかな?

彼は無言でした。そしてそのまま電話は切れてしまいました。焦った彼女は何度もリダイヤルしますが、出てもらえません。ついには電源が切れているというアナウンス…もうだめだ、彼女は諦めてしまいました。完全に話ができなくなってからは、自分の行動を後悔するばかりの彼女。

でも、もうどうしようもない、と思いつめていました。会社も辞めて遠くへ行こうか…悩みながら一人暮らしの部屋に帰ると、彼がいました。扉の前に微笑んで。「これはもう会わないとダメだなーと思ってさ」バカみたいにニコニコしている彼が彼女は愛しくてたまりません。彼はその笑顔のまま言いました。「離れているとダメになるのなら結婚しようよ」付き合ってから1年、デートの数は4回。それでも結婚を決めた二人の話でした。彼女たちは今結婚して5年、子どもも生まれて幸せそうに生活しています。

参画医師1419名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 大利昌久
  • 遠藤剛史
  • 加藤浩司
  • 中島義明
  • 竹内 孝基
  • 福田知佐子
  • 曽山聖子
  • 樋口隆男

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.