1426名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

ザラザラと硬い顎の角栓を除去する方法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/04/07

男性の顎

顎に角栓が詰まりやすい

角栓が気になる箇所といえば、まず、「鼻」を思いつく人が多いのではないでしょうか。鼻から額にかけてのTゾーンは、皮脂の分泌が活発な部分なので、どうしても、毛穴に皮脂汚れが詰まりやすくなります。

しかし、皮脂の分泌がそれほど多いわけではないのに、もう1箇所、角栓が詰まって、ザラザラしやすい部分があります。それが「顎」。顎に角栓が詰まりがちなのは、古い角質が落としきれていないからなのだとか。角栓というと、皮脂汚れという印象がありますが、実は、皮脂と古い角質が混じり合ってできたものなのです。

顎の古い角質が溜まるのはなぜ?

顎に古い角質が溜まりやすいのは、くぼみになっているので、きれいに洗いにくいからです。また、鼻や頬、額などと違って、顎は洗顔を疎かにしてしまいがちな部位でもあります。

また、顎を触ってみたときに、肌がザラついていたり、ゴワついていたりする人は、顎が乾燥している可能性が高いものですが、男性の場合は、髭剃りのときに肌の表面まで削り取ってしまいやすいので、口周りが乾燥しがちなのです。乾燥した肌は、新陳代謝がスムーズに行われないので、古い角質が溜まりやすくなります。

顎の角栓にはピーリングを

ザラザラと硬い顎の角栓を除去するには、「ピーリング」をするのがオススメです。ピーリングとは、「皮をむく」という意味の言葉で、古い角質を取り除く美容法のこと。自宅でできるピーリングといえば、消しゴムカスのように、古い角質をポロポロとこすり落とす「ゴマージュタイプ」のものが有名ですが、こすると肌に負担をかけてしまうので、これはオススメできません。

利用するなら、ミルクやジェルなど、洗い流せるタイプのピーリングが良いでしょう。また、あまり頻繁に使い過ぎるのも、肌の負担になるので、まずは、週に1回くらいのペースから始めることをオススメします。そしてピーリングをしたあとは、必ず保湿ケアをしましょう。

日頃のケアも大切

顎に角栓を詰まらせないためには、日頃から、顎をていねいに洗い、汚れを溜めないようにすることも大切です。とはいえ、スクラブ入りの洗顔料などで、ゴシゴシ強くこすったりするのはNG。しっかり泡立てた泡で、汚れを包み込むようにして、やさしく洗いましょう。

また、顎を洗うときは、顎の内側に舌を入れて膨らませるようにして洗うと、汚れを落としやすくなります。そして、洗顔や髭剃りをしたあとも、必ず保湿ケアをする習慣を持ちましょう。

毛穴・角栓の肌トラブル対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師1426名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 椎野芳郎
  • 田崎公
  • 吉木伸子
  • 大利昌久
  • 田中哲一郎
  • 名倉直彌
  • 坂本有孝
  • 加藤聖子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.