1429名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

皮膚科で行われる魚の目の治療内容とは?

更新日:2017/06/23 公開日:2015/07/31

魚の目

魚の目とは

「魚の目」とは、足の皮膚の一部が、慢性的に圧迫や摩擦などの刺激を受けたことで、角質層が厚く、硬くなっていく病気のこと。厚くなった角質層は、やがてくさび形になり、神経を圧迫するようになるので、歩くたびに激しい痛みを感じるのが特徴です。

皮膚科での魚の目の治療内容

スピール膏を使った治療

皮膚科での魚の目の治療は、痛みの原因になる芯の除去が行われます。もっとも一般的なのは、角質層を柔らかくするための「スピール膏」などの薬を使った治療で、魚の目の大きさに合わせて切ったスピール膏を数日貼り、患部をふやかしてから、メスやハサミなどで、芯だけを切り取ります。スピール膏は市販されているので、セルフケアも可能ですが、病院で治療を受けたほうが、確実で安全に芯を取り除くことができます。

メスによる切除

魚の目がかなり進行していて、芯が深く、大きくなり、日常生活を送れないほど痛みが激しい場合は、局所麻酔を行ったあと、患部をメスで切開して、芯を取り除く外科手術を行うこともあります。ただしこの方法は、術後の傷痕のほうが、魚の目の痛みよりも激しくなりやすいので、あまり行われることはないようです。

レーザー治療

最近では、局所麻酔をした上で、「炭酸ガスレーザー」などのレーザーを患部に照射し、魚の目の芯だけを削り取ることもあります。レーザー治療は、深い芯まで確実に除去でき、出血や痛みも少ないという魅力がありますが、ほかの治療法と違って、健康保険が適用されないので、治療費が比較的高いというのがネックです。

魚の目は根本的な改善が重要

魚の目は、足が変形していたり、歩き方や姿勢が悪かったり、合わない靴を履いていたりすることで、足の特定の部分の皮膚が、繰り返し圧迫されることで起こります。このため、たとえ芯を完全に取り除いたとしても、こういった状況を改善しなければ、いずれまた再発する可能性があります。ですから、魚の目を治すためには、根本的な原因を見直すことが重要です。

参画医師1429名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 菅原由香子
  • 張賢二
  • 小宮美慧
  • 小出真哉
  • 小林美幸
  • 有川順子
  • 中山晴美
  • 小﨑有恒

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.