1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

肌に負担をかけない洗顔フォームの選び方

更新日:2017/06/09 公開日:2015/07/31

  • この記事の監修ドクター

  • メンズスキンケア大学参画ドクター

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

男性

洗顔はスキンケアの基本

顔の肌には、空気中のホコリや皮脂、汗、古い角質などが付着しており、こういった汚れがついたままでは、いくら化粧水や美容液をつけても肌トラブルを回避することができません。毎日きちんと洗顔をして、肌を清潔な状態に戻してあげることが、スキンケアの基本になります。

洗顔フォームは洗浄力が強い

洗顔料には洗顔フォームや固形石鹸、洗顔パウダーなど、さまざまな種類のものがありますが、男性はチューブに入っていて使いやすい洗顔フォームを好む人が多いのではないでしょうか。

しかし、洗顔フォームには、合成界面活性剤が使われていることが多いため、洗浄力が強く、肌に必要な皮脂まで落としてしまいやすい傾向があります。さらに、スクラブ入りやメントール配合など、さっぱり感を重視した製品は、刺激が強く、肌に負担をかけてしまう場合もあります。

また、毎日しっかり洗顔をしているのに、ベタつきが気になるという人は、使っている洗顔フォームの洗浄力や刺激が強すぎて、かえって皮脂の分泌量を多くしてしまっているのかもしれません。

しっとりタイプにも注意

洗顔フォームの中には、「しっとりタイプ」と謳われている製品もありますが、実はこういった洗顔フォームにも注意が必要です。というのも、しっとりタイプの洗顔フォームには、油分が多く含まれているため、洗顔後に余分な油分が肌に残ってしまい、あとから使う化粧水や美容液などの浸透を妨げてしまう可能性があるのです。

自分に合った洗顔フォームを

ここまで聞くと、もうどんな洗顔フォームを選んでいいのかわからなくなるかもしれませんが、一番良いのは、余分なものが入っておらず、きちんと汚れを落とせる洗顔フォームです。なかなか抽象的でわかりづらいかもしれませんが、1つ目安になるのは、洗顔後の肌のコンディションです。肌がつっぱるようなら洗浄力が強すぎるということ、反対にしっとりしすぎるなら、油分が多すぎるということです。いろいろ試してみて、自分の肌に合った製品を選ぶようにしましょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 須田陽一
  • 山川美佐
  • 田中宝
  • 樫山洋子
  • 吉原伯 
  • 小柳衣吏子
  • 後藤龍学
  • 佐藤薫

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.