1451名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

ブツブツを解消。ニキビに効く正しい洗顔方法

更新日:2017/06/09 公開日:2015/07/31

  • この記事の監修ドクター

  • メンズスキンケア大学参画ドクター

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

洗顔

洗顔がニキビの原因になることも

ニキビとは、皮脂や古い角質が毛穴を塞いでしまい、そこにアクネ菌という肌の常在菌が繁殖して炎症を起こした状態のこと。毛穴が詰まる要因には、さまざまなことが考えられますが、洗顔が不十分で余分な皮脂が肌に付着したままになっていることがあげられます。このため、ニキビを解消するためには毎日の洗顔が欠かせませんが、間違った洗顔方法では、効果がないどころか、かえってニキビを悪化させてしまうこともあります。

間違った洗顔方法

では、ニキビを悪化させる間違った洗顔方法とは、どんなものなのでしょうか?

間違った洗顔方法の代表格は、肌を強くこすってしまうこと。洗顔料を十分に泡立てずに、手でゴシゴシこすってしまうと、ニキビを刺激してしまうだけでなく、肌表面にある角質層がはがれ、乾燥を招きます。すると、ターンオーバーが乱れやすくなるので、角質が分厚くなって、毛穴を詰まらせる原因になってしまうのです。

もう1つは、洗いすぎてしまうこと。ベタつきが気になるからといって、1日に何度も洗顔をしたり、汚れを落とすために長々と時間をかけて洗ったりしていると、肌に必要な皮脂や保湿成分まで洗い流してしまいます。すると、それを補うために、余計に皮脂の分泌が増え、かえって皮脂詰まりが起こりやすくなるという悪循環に陥ります。

正しい洗顔方法

(1)手洗いをして、手についている雑菌を落としたあと、毛穴を開きやすくするために、ぬるま湯だけで顔を洗います。

(2)適量の洗顔料を手に取り、水を加えながらしっかり泡立てます。泡が少ないと、肌をこすってしまう原因になるので、空気を含ませるようにして、しっかりと泡立てるようにしましょう。

(3)洗顔料が泡立ったら、まずは皮脂の分泌が多いTゾーンにから、クルクルと円を描くようにやさしく洗います。このとき、指で肌をこするのではなく、泡で汚れを浮かすように洗うのがポイントです。

(4)次に、頬やフェイスラインを、軽く泡を転がすようにやさしく洗います。目元や口元はデリケートなので、泡を乗せるだけでも十分です。泡を使って長々と洗顔はせず、時間の目安としては1分半程度で洗うようにしましょう。

(5)泡を使って顔全体を洗い終わったら、ぬるま湯でていねいに洗い流していきます。すすぎ残しがあると、ニキビの原因になりかねないので、特に生え際やフェイスライン、顎の下は泡が残らないように、しっかりすすぎましょう。

(6)しっかりと泡を洗い流した後は、清潔なタオルで顔を軽く押さえるようにして、やさしく水分を吸い取ります。このときも、ゴシゴシこすらないのがポイントです。

今すぐ読みたい

注目情報

参画医師1451名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 吉見公一
  • 高橋徹
  • 玉城有紀
  • 伊東秀記
  • 荻野和仁
  • 井村龍麿
  • 濱田英之輔
  • 野田武志

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.