1526名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

腹毛(ギャランドゥ)を剃るときの注意点

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/14

カミソリ

腹毛(ギャランドゥ)を剃るときは要注意

腹毛の処理というと、カミソリで剃っているという人が多いのではないでしょうか?しかし、お腹は、皮膚がとてもデリケートな場所。それでなくても、カミソリを使うと、毛と一緒に、皮膚の表面にある角質層まで削り取ってしまうので、肌が荒れたり、小さな傷から雑菌が入って、炎症を起こしたりしがちです。そこで今回は、腹毛を剃るときの注意点をご紹介します。

腹毛の正しい剃り方

(1)切れ味の悪いカミソリを使うと、よく剃れなくて、同じ場所を何度も剃るハメになり、肌を傷めがちです。切れ味が良くて、清潔なカミソリを使いましょう。

(2)肌や毛は、温めることで、やわらかくなります。負担を少なくするために、お風呂に入ったり、蒸しタオルを使ったりして、よく温めましょう。また、雑菌が入らないように、剃りたい部分をよく洗っておくことも大切です。

(3)カミソリの滑りを良くして、摩擦を軽減するために、シェービング剤をつけます。石鹸やボディークリームの泡で代用することもできますが、これらの泡は、すぐに流れてしまうので、シェービング剤のほうがオススメです。

(4)カミソリを当てる部分の肌を引っ張り、肌の表面が平らになるようにした上で、毛の流れと同じ方向にカミソリを動かして、毛を剃っていきます。カミソリを肌に押し付けたり、同じ場所を何度も剃ったりするのはNGです。

(5)炎症を鎮めるために、水で濡らしたタオルなどで、処理した部分をよく冷やします。

(6)カミソリで剃ったあとの肌は、バリアの役割をする角質層が削り取られているので、とても敏感になっています。そのままにしていると、肌が乾燥してしまうので、必ず保湿ローションやクリームで保湿しましょう。

腹毛処理の頻度

腹毛を剃っても、2〜3日ほどすれば、すぐに生えてきてしまいますが、前述のとおり、カミソリで毛を剃ると、肌にダメージを与えるので、頻繁に剃るのはNGです。2週間に1度程度にとどめておくのがいいでしょう。腹毛がない状態を長く維持したいという人は、家庭用脱毛器を使ったり、クリニックで腹毛脱毛を受けたりすることをオススメします。

今すぐ読みたい

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

注目情報

参画医師1526名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 辻直樹
  • 泉佳菜子
  • 名倉俊輔
  • 中井恵
  • 井村龍麿
  • 田尻豊和
  • 稲川喜一
  • 小室裕造

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.