3071名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

若ハゲの治療はどこで受けられる?

更新日:2016/12/09

※“若ハゲ”という言葉は、若い頃から髪が薄くなっている状態を指す“若年性脱毛症”の別称とされていますが、実は、この“若年性脱毛症”という言葉も、ある種の脱毛症状を指す正式病名ではありません。ただし、どちらも広く認知されている言葉であるため、この記事ではあえて使用しています。

若ハゲの進行を止めたいなら病院へ

病院

若ハゲを本気でケアしたいと思ったら病院で治療するのがおすすめ。若ハゲ治療を行っている医療機関は、皮膚科、美容外科、毛髪専門クリニックなどです。若ハゲはいわゆる若い年代で薄毛になることで、その中にはAGAの発症により薄毛になることもあります。そのため、これらの医療機関でも、AGAと同じ治療法での治療となります。自分がなぜ薄毛になったのかを医療機関で教えてもらいましょう。

皮膚科の主な治療法
皮膚科での主な治療方法は薬物の処方による治療が一般的です。ただし、皮膚科には薄毛治療を希望している患者様ばかりではないので、皮膚の状態が悪いのであればまずは皮膚科の受診をお勧めしますが、AGAの症状であれば専門の医療機関で受診することをお勧めします。
美容外科の主な治療法
美容外科では毛髪専門外来などを設けているクリニックもあります。そのため、より専門的な検査や診察を受けることが可能に。行われている治療はクリニックによって異なりますが、レーザー治療や、薄毛の大きな原因となる「成長因子の不足」を改善するため成長因子を頭皮に補う毛髪再生療法を行っているところも多くみられます。
毛髪専門クリニックの主な治療法
毛髪専門クリニックはAGAなど毛髪のトラブルを専門的に検査、診察、治療するクリニックです。薄毛を引き起こしている原因を徹底的に検査し、患者個人に合わせたオリジナル治療を行うのが一般的です。治療方法はクリニックによって異なるため、毛髪専門クリニックでの治療を考えるのであれば事前に治療方法をリサーチしておきましょう。
植毛クリニックの主な治療法
植毛クリニックは植毛を専門に行うクリニックです。その他のクリニックが薄毛症状を遅らせる治療をメインにしているのに対し、植毛クリニックでは薄毛賞状が出ている箇所にも治療を実施することができます。。現在、主流となっているのは患者個人の毛髪を脱毛部位に移植する自毛植毛。男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛髪を毛根ごと移植するので、治療後に再発する心配もほとんどないといわれています。

まずは薄毛の原因を知ることから

薄毛を改善するためには、薄毛ケアを実践する前に自分の薄毛の原因や、それが引き起こされている要因についてしっかり把握することが大切です。どんなケアを行おうとも、原因に適したケアでないと効果を得ることはできません。見当違いのケアは改善どころか悪化を招く恐れもあるので、まずは自分の身に起こっている毛髪トラブルの原因をきちんと知り、適したケアを実践するようにしましょう。トラブルの原因を知るためにも、一度クリニックで検査を受けてみるというのもよい方法なのではないでしょうか。

注目情報

ピックアップ特集

参画ドクター3071名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 松村幸利
  • 秦俊昭
  • 鈴木悠花
  • 杉崎裕斗
  • 山田雅明
  • 田中真輔
  • 神林由香
  • 小野寺進二

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.