1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

若ハゲにプロペシアは効果ある?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/30

※“若ハゲ”という言葉は、若い頃から髪が薄くなっている状態を指す“若年性脱毛症”の別称とされていますが、実は、この“若年性脱毛症”という言葉も、ある種の脱毛症状を指す正式病名ではありません。ただし、どちらも広く認知されている言葉であるため、この記事ではあえて使用しています。

プロペシアの若ハゲへの効果

錠剤

飲む育毛剤として薄毛治療薬の代表的な存在であるプロペシア。このプロペシアは若ハゲにも効果があるのでしょうか?

若ハゲ(若年性脱毛症)とは若い年代で起こる薄毛の事で、その中にはAGA(男性型脱毛症)も含まれます。つまり、若ハゲはジヒドロテストステロンの影響で起こる脱毛症状ということ。そのため、男性ホルモンであるテストステロンをAGAの元凶であるジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼの働きを阻害する効果のあるプロペシアは若ハゲへの効果も期待できるということです。

⇒AGAのメカニズムについてはこちら

しかし、プロペシアはAGA治療薬の代表的存在ではありますが、効果を実感することができる人とできない人がいるため、服用すれば絶対に効果があるというものではないようです。

そもそもプロペシアとはどんな薬

プロペシアは「フィナステリド」を主成分とした世界初のAGA治療薬で、入手するためには医師による処方が必要となります。

元々は前立腺の治療薬として開発された薬で、5αリダクターゼの働きを阻害し、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DTH)の生成を抑制する効果があり、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも強く勧められる治療薬と評価されているものです。

効果の出方には個人差がありますが、効果を実感している人の多くは3か月から6か月程度で何らかの変化を感じることができるといわれています。しかし、一度服用すれば効果が持続するというものではなく、服用をやめるとその効果もなくなってしまうため、効果を持続させるためには服用し続ける必要があります。また、プロペシアはAGAの進行を遅らせる効果を期待することができる治療薬ではありますが、あくまで進行を遅らせるだけで、進行を止める効果や発毛を促進させる効果があるわけではないので、服用する場合はその点を留意する必要があります。

プロペシアの副作用について

プロペシアは薬効作用のある医薬品なので副作用もあると言われます。主な副作用は食欲減退や全身倦怠感、性欲減退、勃起機能不全、乳房障害、抑うつ症状など。また、胎児の外性器に大きな影響を与えるため、妊娠中の女性や授乳中の女性は服用は厳禁とされています。

このように、プロペシアには注意点があるため、医師の説明をよく聞き、服用しましょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 須田陽一
  • 山川美佐
  • 田中宝
  • 樫山洋子
  • 吉原伯 
  • 小柳衣吏子
  • 後藤龍学
  • 佐藤薫

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.